純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

フリーブックスの閉鎖と電子書籍の明日

/スマホで、電子書籍、とくにマンガのレガシーが主要商材として再注目されている。そんな中、年会費制の読み放題が、電子書籍図書館として機能し始めている。しかし、こここそが、違法無料サイトのデータ流出元としてもっとも疑わしい。とはいえ、もともと公共の図書館からして、同じようなしくみ。この根本を変えなければ、書籍のデジタル化、レガシーの再生に対応できない。/


 3日夕、話題になりすぎたフリーブックスのサイトが消滅した。昨年末にできて、日本のマンガを中心に数ヶ月で数万冊を抱え、それも無料ということで中高生に人気だった。しかし、類似の「違法」サイトは、ちょっと探せば、あいかわらずネット上にゴロゴロ。私なんかの小難しい本まで、私の知らない間に並んでいたりするので、とてもびっくり。出所はかならずしもはっきりしないが、かなり組織的に、機械的に、手当たり次第のデータ収集が行われているように思う。そうでもないと、私の学術書なんか拾うとは思えない。

 こんな「違法」サイトがはやる第一の原因は、電子書籍の変貌。第二の原因は、DRM(デジタル・ライト・マネジメント、電子著作権管理)の脆弱性。そして、第三の原因は、amazonなどの読み放題。

 電子書籍は、当初、専用端末向けで、とくに日本語は縦書やルビに対応することが必要だった。しかし、白黒の電子書籍だけのために高価な端末を買う人は多くなく、それで、結局、ほとんど市場が広がらないまま。ところが、この数年、爆発的にスマホが普及。あまりに短命なポップミュージックや、おもに個人の情報供給に依存する動画やニュースの配信がネタ切れし始めた一方、眠れる膨大なレガシーを抱えていた電子書籍、とくにマンガが、その主要商材として再注目されている。

 古いコンテンツでも、デジタル化で蘇る。日付更新で著作権が延命される。ところが、この著作権管理、DRMがあまりに脆い。かんたんに外されてコピーがおおっぴらにあちこちアップロードされている。フリーなんとかなども、たてまえは Amazon kindle などと同様に、自分の作品を直接に出版(パブリッシング=公開)できるサイトで、その著作権の有無はアップロードした者の責任とされ、サイト側は、知らん、と突っぱねていたが、一般の人々の「善意」だけで、違法コピーがこれほど集まるとは、とうてい信じがたい。

 では、元データをどこで入手しているのか。第一に疑われるのは、出版関係者。電子書籍フォーマットに合わせるのはけっこう面倒なので、以前(2013年)に問題があった製版プロセスとは別ルートだろう。だが、デジタルデータとなると、第二に、出版社サイドでなくても、販売サイトもあやしい。運営からシステム管理まで、関係者はあまりに多い。だが、それ以上に疑わしいのが、読み放題。Amazonなどでは、会費さえ払えば、電子書籍がいくらでもダウンロードできてしまう。これで大量に落としてDRMを外されたら、どうしようもない。

 いちおうAmazonだと、読まれたページ数に応じて、著者に配当があることにはなっているのだが、実際のデータトラフィックを公開しているわけでなく、どういうカウントなのか、写真集やマンガと小説や詩集のようにページあたりのデータ量が極端に違うものをどう評価しているのか、ページ数単価に書籍原価がどう反映されているのかは、jasrac以上に闇の一任。正直、ワリがあわないな、かといって、他に手もないし、というのが、大半の加盟者の本音だろう。

 しかし、公共の図書館に至っては、物理的に本一冊を買っただけで、大量の人々にただで読ませて、著者や出版社にはまったく配当無しなのだから、Amazonよりひどい。そして、公共の図書館のようなものがある以上、フリーなんとかも、会費は払った、それで合法的にダウンロードしたものを、自分の「知り合い」と「私的」に廻し読みして、なにが悪い、DRMの方が著作権法上の越権だ、ということになる。

 図書カードの時代でもあるまいに、公共の図書館でも、どの本がいつだれに貸し出されたのかくらい電子管理されている。動物園だのプールだのも有料、自分自身の住民票一枚を取るだけでも市役所はカネを取るのだから、公益に資する学術目的や被教育権としての勉学目的ならともかく、図書館で公務員に手間をかけさせて私用の娯楽書を借り出し、それで無料などという方が、公務と著者、出版社に対する冒涜であり、税金の盗み取りではないか。

 図書館には無料で図書提供でいい。館内なら無料閲覧もいい。だが、館外の貸出には、消費税程度は利用者から徴収するのが当然。同様に、音楽配信や電子書籍にしても、ダウンロードは無料でもかまわない。だが、端末でデータを開くたび、もしくは通話と同じように開いている総時間に、ワンタイム・パスワードでネット課金して、きちんと著者や出版社にも正確に利益還元されるようにする必要がある。(電子書籍なのに、仮想ページ数で配当なんて、amazonは感覚としてあまりに時代遅れだろう。)

 書籍の電子化に対して、システム、いや、それ以前に、本に関わる人々の意識が古すぎる。まず公共の図書館がきちんと書籍に対する敬意をカネで示さないと、先人たちが積み上げてきたレガシーをデジタル再生する動機と資金が出版社に確保されない。公共の図書館そのものが、物理的な管理コストと新規出版の電子化で、遠からず総デジタル化せざるをえない、という現実を、みな、きちんと認識すべきだ。ここでまともな側が対応をあやまれば、いよいよ労作の著者たちを食い潰して、流行の娯楽の上前をはねるだけの出版文化に成り下がり、違法サイトとどっちもどっちということになりかねない。

「平壌高層ビル群がハリボテ」という方がガゼのフェイクニュース

/時代がきな臭くなると、デマが横行する。なにか聞いても、そのまま人に垂れ流す前に、自分でできるだけ事実を再確認しよう。/


北朝鮮の首都、平壌で高層住宅街「黎明(れいめい)通り」の完成記念式典が13日、開かれた。これに対し、15日夕から、グーグルマップの画像付きで、これらの高層ビル群が片面だけを突貫工事で造り上げたハリボテである、とのツイッターが出回っている。

だが、これは、まったくガセのフェイクニュースだ。流布されているグーグルマップの画像は、平壌南部の「統一通り」のもの。「黎明通り」は平壌の東北部で、グーグルマップでも、きちんとした立体の高層ビル群を確認できる。この後、現在ではさらに多くの建物が増え、建設が進んだ。13日の式典は左上の交差点で行われた。通りの起点に、通りをまたぐシンボル塔が見える。

また、南の統一通りも、ハリボテというのは、間違いだ。グーグルアースで見ると、これできちんと、通常のマンションなどと同じ幅がある。ただ、それがおそろしく巨大で、30階近い高層で、日本の十棟分くらいが、隙間無く連なっている。

平壌は、大同江という川が天然の防波堤になっており、南に繋がる街道、川を渡る橋はたった一つだけ。これらの超巨大マンション群は、その対岸の橋頭堡としての役割を担っている。その主たる目的は、おそらく南部に対する防弾幕、とくに、レーダーを避けて低空から侵入するミサイルを防ぐためのものだろう。そして、いよいよ地上戦になったら、上から狙い撃ち。それどころか、北朝鮮側が国内、平壌南部で戦術核兵器を使っても、この巨大なコンクリの壁によって、首都の損耗を最小限に抑え込むことができる。

バカは相手を侮り自滅する。それとも、デマで世論を煽っているのか。なんにしても、こういう時節、流布されるのはウソばかり。なにか聞いても、そのまま人に垂れ流す前に、自分でできるだけ事実を再確認しよう。


ヤマトはアマゾンに倉庫や店舗として搾取されている

/ヤマトは、地代の高い都心住宅地の配送拠点が、実質的にアマゾンの「店舗」として、タダで永続的に占拠されてしまっている。同様に、トラックも、動く「倉庫」として利用されている。通販業者からすれば、配送料はフローで、顧客側の負担に付け替えられるが、ヤマトは、その固定的な資産維持リスクをデパート並みに被ることになる。この現実を踏まえ、ヤマトは事業再定義が急務だ。/


 なぜデパートが潰れるのか。都心一等地に、一日で実際に売れる以上の商品在庫を抱えているから。その日に売れるのではない商品は、死に在庫。翌日まで、ただ物を置いておくだけの場所として一等地を使っている。だから、総面積当たりの売り上げが悪い。置いただけの分を、ほぼその日のうちに売り切る、回転率のいい百均の方がまし。だから、デパートは潰れ、百均に替わっていく。


 一方、なぜアマゾンが儲かるのか。無店舗だから。大量多種の商品を抱えていても、しょせんは郊外倉庫。地代は安く、倉庫運営費は知れている。配送料をアマゾン側が負担しても、都心一等地に店を構えるよりは、はるかに安く済む。


 そして、ヤマト。自分を配送業だと思っている。それが間違い。ほんとうは倉庫業、テナント業、販売代行業だ。デパートのような都心一等地ではないまでも、ヤマトもまた、法外に地代の高い、都心住宅地に配送拠点がある。個々の荷物が入ったり出たりで見えなくなっているが、その配送拠点で、アマゾンが毎日、実質的に占有し続けている面積は、かなりの広さに及んでいる。つまり、アマゾンは、都心住宅地のヤマトの配送拠点を、荷物を動かす配送料だけで、実質的に自分の「店舗」として乗っ取り、タダで永続的に使っている。


 それだけではない。アマゾンは、ヤマトのトラックも、自分の動く「倉庫」として、タダで利用している。本来ならアマゾンが自分で費用をかけて倉庫の中に保管しているべきものが、全国へ散っていくトラックに乗って移動しているだけで、それもまた、あいかわらずアマゾンの「在庫」。この間の保管費用も、ぜんぶヤマトがタダでかぶっている。


 もしヤマトがほんとうに純粋な配送専業者で、アマゾンの郊外倉庫から、アマゾンの都心住宅地の「店舗」へ、そして、そこから個々の顧客へ、即日に荷物を運ぶことだけに徹すれば、地代の高い都心住宅地の配送拠点の面積をもっと減らすことができ、はるかに安く運営できるだろう。逆に、アマゾンは、より多くの「在庫」をヤマトのトラックや配送拠点の中に預ければ預けるほど、倉庫や店舗の運営費用を浮かすことができてしまう。


 アマゾンがオプションにしている速達サービスも、実質的にはヤマト側の時間指定をうまく利用したもので、ヤマトの負担増で、アマゾンが儲かる。おまけに、アマゾンは、倉庫からの早出しで、より多くヤマト側の保管負担にでき、むしろ経費節減。アマゾンの箱は、いつもどれもスッカスカだが、あれはヤマト側の負担になる空間占拠費用を考慮していないから。そのせいで、ヤマトは、カラに近いアマゾンの箱で、トラックも配送拠点も埋め尽くされ、配送回数がムダに増える。


 ヤマトが、ちょっとやそっと配送料を上げても、このカラクリは変わらない。通販業者は、配送料だけで済むのなら、実質的に、ヤマトが持つトラックや都心住宅地の配送拠点を、自分の「倉庫」や「店舗」として搾取的に利用しようとする。ほんとうに自分で都心に倉庫や店舗を持ったら、その取得費用、維持費用は固定で自分持ちになり、デパートのように大きなリスクを背負い込むことになる。だが、これが配送料で済むなら、それは費用としてフローで、おまけに顧客側の負担に付け替えられる。一方、ヤマトは、自分のトラックや配送拠点を通販業者に占拠され、そのくせ、その固定的な資産維持リスクは、デパート並みにヤマトが被ることになる。


動的なものは、動きを追うのではなく、マクロ的に総体をひとつかみに見ないと、実体がわからない。ヤマトは、現実と将来を見極めて、ゼロから事業再定義すべきだ。そうでないと、今後も増え続ける通販業者に、古い宅配システムのアラをいいように利用され、いくら配送料を上げても、ワーキングプアが追いつかないことになる。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『死体は血を流さない:聖堂騎士団 vs 救院騎士団 サンタクロースの錬金術とスペードの女王に関する科学研究費B海外学術調査報告書』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

PR 純丘曜彰の新刊!『アマテラスの黄金:隣のおねえさんはローカルすっぱい!』

ギャラリー