純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

友人や先輩、先生はよく選ぼう

/いまさら、学校が悪い、と言ったところで、取返しがつかない。だからこそ、友人をよく選び、良い先輩、良い先生を見つけ、指導を仰ぎ、なんでも相談して、本当に困ったときには本気で助けてもらおう。そのためにも、嫌な連中の推薦になど頼らず、良い友人、良い先輩、良い先生の方から自分を見出してもらえるように、まず自分自身が自力でがんばろう。/


 こういう事件があると、学校が悪い、ということにするのが一番かんたん。万引をしたのか、同姓の別人と間違えられたのか、ガラスを割っただけなのか、よくわからないが、だれにせよ、この学校には、万引事件を起こすような学生がいる、という点は事実のようだ。


 ずいぶん前、同業者の知人(法学部教授)から、夜中に突然、相談の電話があった。自分のところの学生が警察に拘引され、大騒ぎになっている、と。強姦事件の現行犯で、現場で逮捕された。だが、実際に強姦をやらかしたのは、他大学の連中。彼のところの学生は、連中の知人で、逮捕のときは店の外にいた。しかし、警察としては、その学生も共犯者で、見張りをしながら、順番待ちをしていた、とみなされた。もちろん、本人は、店の中のことは、自分は関係ない、と言っている。だが、被害者からすれば、彼もまた悪仲間で、完全な強姦犯の一味。刑事、民事で面倒な裁判になるだろうが、結論が出るまで、そうとうに時間がかかる。それまで、大学としてその学生をどうしたらいいか。


 そんなこと聞かれても、法学でもわからんことが、哲学なんかにわかるものか。せいぜい言えるのは、そんな連中と関わっているから、面倒に巻き込まれる、くらいか。麻薬だの、賭博だの、不倫だの、賄賂だの、近頃、どうなっているのやら。有名なスポーツ選手やタレント、政治家が、ヤクザやチンピラ、どうみても怪しい男や女と写っている写真がゴロゴロ出てくる。やったか、やらないか、真相なんか、当事者でもないし、警察でも、文春でもないのだから、わかるわけがない。だが、写真が合成でない以上、付き合いがあったことは事実だろう。実際にやろうと、やるまいと、そんな連中と付き合っているというだけで、やっぱりロクなモンじゃないよな、と思う。


 顔が広い、付き合いがいい、人脈を持っている、というと、あたかも良いことのようだが、『論語』に孔子いわく、皆に愛される者より、善人に愛され、悪人に嫌われる者が勝る、と。来る者、拒まず、去る者、追わず、なんて、やっていると、ほかで排除された妙な連中ばかりが寄ってくる。そして、悪貨は良貨を駆逐する。妙な連中に取り巻かれて悦に入っている者の周囲からは、潮が引くようにまともな連中は離れていく。そして、朱に交われば赤くなる。この言葉も、まず良い意味では使われまい。


 春から生活が変わる、という人も多いだろう。だが、最初が肝心。そこでしくじると、ヘタをすれば一生が闇。だが逆に、一生に二度とない貴重なチャンスともなる。よくよく自分を振り返り、自分もああなりたいと思うような仲間たちの中に入れてもらって、学ばせてもらえば、知らなかった世界への扉も開ける。とくに先輩や先生は、よく選ぼう。数年でも、先輩はだてに先に生まれて、長く生きてきているわけではない。まして、先生は、数多くの学生たちを見てきている。


 私も、学校では相性の悪い先生方も少なくなった。進路指導で散々に言っていたのに全国模試で三位だったとたんに手の平を返してきた先生もいた。その一方、知らない間に私の絵をユネスコに送って賞を取らせてくれた先生、他のクラスの担任だったのに、私の夏休みの自由研究を見て、科学コンテストに出させてくれた先生もいた。


 さて、かの事件だが、ろくな学校でないのは確かだし、おまけに不運と不幸が重なって、結末には同情を禁じ得ない。だが、世の中は理不尽だ。XXが悪い、などと後から言ったところで、だれも悔い改めたりしないし、同じようなことは、かならずどこかでまた繰り返される。残念ながら、人生にはこういう致命的な誤解もあるのだ。だからこそ、事前予防と攻勢準備が肝心。学校や友人はよく選ぼう。そして、担任であろうとなかろうと、上司であろうとなかろうと、自分が心から信頼できる良い先生、良い先輩を見つけて、指導を仰ぎ、なんでも相談して、本当に困ったときには本気で助けてもらおう。そのためにも、けっして嫌な連中の推薦になど頼らず、良い友人、良い先輩、良い先生の方から自分を見出してもらえるように、まず自分自身が自力でがんばろう。これは、人ごとではない。君の問題だ。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

ドラえもんがのび太を殺す

/ドラえもんにすれば、本は売れる。学校も、子供たちに迎合すれば、子供たちに喜ばれる。だが、本や学校はしょせん実体験のための準備。つまらなくて、難しくて、面倒で、でも、それを読んで、そこで学んで、外に飛び出したとき、いままでできなかったことができ、自分自身が生き生きと活躍できる世界が見つけられる。それが本、それが学校じゃないのか。/


 ドラえもんは便利だ。なんでも、なんとかしてくれる。しかし、そのせいで、のび太は永遠の小学四年生。意志薄弱、無気力怠惰。不幸な将来という運命はいまだに変わらず、ドラえもんは未来に戻ることもない。典型的な共依存だ。


 子供の問題ではない。むしろ出版社、そして、学校や教育産業の方が、のび太。最近の本屋や図書館の児童書のコーナーを見ると、びっくりする。ドラえもんだらけ。国語算数理科社会、英語に歴史に自然、スポーツ。ぜんぶマンガ。中はイラストだらけで、文章はスッカスカ。本が売れなくて困ってるんだ、どぉにかしてよぉ、ドラえもぉ~ん、ってか。実際、ドラえもんに「学習」とつければ、なんでも、なんとか売れてしまうらしい。


 ドラえもんに限らない。幼稚園・保育園は、アンパンマン中毒。ミッキーと違って版権が緩いせいで、なにかと言うと、なんにでもアンパンマンを使う。運動会も、お遊戯会も、バスを待つ間もアンパンマン。イエス様や仏様よりアンパンマン。小学校の図書館は、ゾロリだらけ。プラネタリウムまで、ドラえもん、アンパンマンにコナン。大学や専門学校も、学生集めに四苦八苦しているところは、就職の見込みも立たないのに、すぐガキに受けそうな学科をでっちあげる。おまえら、みんな、のび太か?


 子供はハンバーグが大好き。それ以上に、ハンバーグは楽。作るのが安くて簡単。味をごまかして、野菜も混ぜ込める。困ったときの鉄板メニューだ。しかし、親なら、肉は硬くて、魚には骨があり、野菜は苦甘いことを教えていく義務がある。高くて、調理が面倒でも、なんとか肉や魚、野菜の味を教えていく義務がある。ハンバーグばかりでやりすごしていたら、子供がダメになる。いや、徹底的にダメにした方が、永遠に親離れできず、手元に置いておいて、カネづるにして、老後の世話もさせられ、その方が都合がいい?


 昔、1970年から、小学館では「入門百科シリーズ」を出していた。それが、バブルの終わり、1994年、207巻で息絶えた。学研では「ジュニアチャンピオンコース」。1971年から2000年くらいまでは売られていた。勉強も学習も知ったこっちゃない。野球に始まり、探偵入門、手品、世界の謎、占いやクッキング、超能力まで。著者たちも、いまにして思うと、けっこうなもので、学研『名探偵登場』なんか、モンキーパンチ本人が巻頭の「ホームズ対ルパン」を楽しんで書き下ろしていたりする。河出書房は、経営が青息吐息でも、「少年少女世界の文学」全24巻別2巻を世に送り出した。翻訳は、犬養道子や丸山才一、谷川俊太郎、福永武彦、イラストは岩崎ちひろや長新太などなど。これがおもしろくなかったわけがない。


 小学館は、2013年から、現代風のあか抜けたレイアウトに変え、「入門百科プラスシリーズ」を再開したが、それほど動きがいいようでもない。それでも、『女の子はじめます』『学校生活応援ブック』『めざせパティシエ』『ストリートダンス入門』など、かつてのシリーズでも無かったような分野にチャレンジしており、内容の評価は高い。


 マンガやアニメの黄金期があったのも、それ以前に、子供向けの生の世界文学全集があり、また、さまざまな分野の生の子供向け入門書があり、それらを読んで育ってきた世代がいたからこそ。その肉と魚と野菜を噛み砕いで、世界でも見たことがない、おもしろいものを生み出してきた。一方、マンガやアニメしか知らない、実体験の無い世代は、その焼き直し、どこかで見たことのあるような劣化コピーしか作れない。ハンバーグは、潰してもハンバーグしかできない。味もハンバーグのまま。


 本なんて、しょせん本だ。学校なんて、しょせん学校だ。本や学校を楽しく、なんて、まさにハンバーグ。つまらなくて、難しくて、面倒で、でも、それを読んで、そこで学んで、外に飛び出したとき、いままでできなかったことができ、自分自身が生き生きと活躍できる世界が見つけられる。それが本、それが学校じゃないのか。ドラえもんばかり買って与える親も親だ。親の仕事は、もう世話になんかならなくていい、と、子に言わせてこそ。本や学校も、アンパン中毒だの、ドラ漬け廃児だのを作って、永遠に喰いものにし続けるのではなく、きちんと子供たちが外で活躍できるようにする手助けをしてこそ。親も、出版社も、本屋や学校も、ドラえもん頼みの目先の手抜きやカネ儲けではなく、ほんとうに子供のためになることを自分自身の本来の仕事として、もっと真剣に考えようよ。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大 学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソ ン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

嫌なら預けるな

/重厚長大産業の時代が終わって、いまの日本に大手銀行は過剰。顧客に金利も払わず、地方から吸い上げたカネでマネーゲームに興じるが、そのせいで地方は干からびるばかり。保育所や介護ホームなど、地元の事業を活性化したいなら、地元に資金が回るよう、地元の金融機関に、年金や給与の受取口座を移してしまおう。/


 いまWOWWOWでやっている『メガバンク』がものすごく不愉快。行員たちを守るため、この銀行を潰すわけにはいかない! だってさ。てめぇ、人のカネで好き勝手にマネーゲームやってて、よく言うよ。行員より、顧客を守れよ。顧客なんか紙の見せ金を積むだけでごまかせる、ちょろいもんだ、って、いったいどこまで人をなめているんだか。


 金融は経済の潤滑油で云々、とか、さんざん教科書でならったけれど、あれ、原発は安全、原発は必要、というウソと同じ。やっぱり屁理屈だと思う。結局、やつら、人のカネを集めて使っているだけで、何にも作っていないし、何も「社会」に貢献していない。どこか別の「社会」にカネを持って行ってしまって、それっきり。それがすべて。そのくせ、高給をせしめ、やばくなると、国に特例救済を袖の下で求める。自分たちを潰したら大変なことになるよ、って。


 嘘つけ。少子化で衰退確実のいまの日本には、もはや大手銀行が多すぎる。重厚長大産業の時代が終わって、資本では世の中は動かない。だから、資金需要そのものがない。それで、マネーゲーム以外、増やす方法が無い。保育所作れよ、介護ホーム入れろよ、活躍できないじゃないか、日本死ね、と思うなら、そもそも少額とはいえ苦労して貯めてきた大切な自分のカネを守りたいなら、ろくに顧客に金利もつけられない無能な大手銀行なんかからカネを引き上げて、地元の地方銀行や信金、農協などに預け替えた方がいい。


 カネは、力だ。もちろん、大手銀行からすれば、個々の個人の預金なんて、ゴミのようなもの。だから、金利をつける気もない。ほっておいても、カネはやってくる。そのゴミのような小銭の決済サービスを片手間でやってやっているのだ、くらいの高飛車。ところが、じつは、日本経済において、年金の総額は莫大だ。年間50兆円にもなる。つまり、国家予算の半分にも相当する巨額のカネが、毎年、高齢者などの年金口座に振り込まれている。給与も同じ。昔は企業グループの縛りがあったが、いま、どこの金融機関で給与を受け取るか、など、個人の自由。ローカルなところでも全国提携は当たり前。


 大手銀行は、長年、苦労して貯めきた年寄の貯金、サラリーマンやパート主婦の貯金を、小口とバカにして金利もつけずにいるが、老人たちが、サラリーマンやパート主婦がこぞって年金受取口座や給与受取口座を大手銀行から引き上げたら、その経営の根幹が揺らぐほどの影響力がある。


 老人やサラリーマン、パート主婦をなめるなよ。一票が軽すぎて選挙では日本は変えられない。だが、大手銀行を締め上げれば、日本全体のカネの流れが変わる。トリクルダウン(大企業が儲かれば、いずれ地方の中小企業にも、そのおこぼれが来るはず)などという子供だましのインチキ話に乗せられ、不正経理や人員整理でごまかし続けている見掛け倒しのアホな大企業の延命なんかしても、あなたのカネは永遠に、あなたの手元には戻っては来ない。ただでさえ銀行は、株式や債券の市場で、あなたの預金をスリまくり、そのくせ、業績に無関係に自分たちの高給で喰い潰してしまっている。


 いったい、やつらになんの義理がある? それほどサービスをしてもらったという覚えがあるか? いや、やつらではない。あなたの惰性こそが、この日本をダメにしているのだ。あなたが年金や給与を大手銀行任せにしているせいで、地元からカネがマネーゲームに吸い取られ、街がどんどん干からびていってしまっている。こんな日本が嫌なら、カネは地元の金融機関に預けて、保育所や介護ホームなど、地元で本当の需要のある事業への貸し出しを、直接、支店長に訴えよう。もっとみんなが必要としている「社会」を地元に作るように、地元の金融機関に働きかけよう。


 金融機関は、どこでも同じ、ではない。ローカルでも、城南信金や静岡銀行など、カネ儲け以上の気骨と理想を持つ金融機関もある。こんな時代、どうせどこでも大して金利など期待できないのだ。だったら、ふるさと納税などと同様、金融機関の経営方針やその実際の融資状況、地元の支援活動を見て、自分がほんとうに応援したいというところにこそカネを預け、そこで年金や給与を受け取ろう。大したことではないが、それが、下手な政治デモなんかより、よほどインパクトのある、あなたの社会参加。自分たちの生き残りのことしか考えていないやつらに任せっきりにしていたって、このままではけっして良い日本にはならない。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)
ギャラリー