純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

現代アートなら何でも許されると思うなよ!


イラスト投稿サイトがもめている。「現代アート」をカタる連中が、投稿者たちの作品をここから拾い、かってにそれらの切り刻んで、もしくは、ただ水に濡らしただけで、自分の作品だ、と言い出し、それをサイト事務局も黙認していたからだ。そのうえ、新しい表現は世間の反発を買うものだ、理論武装すれば法律なんかいずれ変わる、などと、擁護するバカまで出てきた。昨年の首都大のドブス騒ぎではないが、「現代アート」を名乗れば、何でも許されると思うなよ!

これは、著作権の問題以前に、創造性の問題だ。事情のわからない方々のために、話を簡単に整理しておこう。

もともと芸術や文化の領域では、かつてはそのままの保存や複製の方法が多くはなかったのだから、伝承は、再現や再話、模写によって成り立っている。たとえば『風神雷神図』なんて俵屋宗達の原画(1467、国宝)に続いて、尾形光琳(1710、重要文化財)、酒井抱一(1821)など、いっぱい「模写」がある。ただし、「模写」は、物理的な「複製」(トレース(物理的ななぞり)や剥ぎ取り(和紙を表裏二枚に剥ぐ))ではないことを示すために、サイズを変えるのがルールだ。

そして、原作が明らかで、物理的な「複製」ではないなら、写真を含め、再現や再話、模写は「二次的著作物」の一種として、一応はその芸術的な地位が許容されている。(ただし、法的には、原作の著作権が生きている場合、公表には原作者の承諾承認が必要だ。)

ややこしいのは、「コラージュ(切り貼り)」の領域。単純なところでは、デュシャンの『LHOOQ』(1919)がある。これは、有名なダヴィンチの『モナリザ』にヒゲを書き足したもの。DJのスクラッチ(レコードの一部をリズムに合わせて繰り返す)なども、そうだ。これらも原作が明らかだからこそ成り立つもので、「フューチャリング」と呼ぶべきものだろう。

複数原作の「ニコイチ」もある。たとえば、『ササエボン』とか、『ドングリ黄門』とか。さらには、それこそデュシャンの『泉』(1917)のような「レディメイド」(既存品を持ってきただけ)もある。しかし、場違いなところに持ってきた、というアクションは、そこに彼のテーマ性があり、むしろ充分にアートだ。もちろん、これらは、法的には著作権上の同一性保持などに抵触する。それでも、「編集著作物」としての芸術的な創造性を認めないわけにはいくまい。

さて、近年、世界的に問題となっているのは、狭義の「コラージュ」、すなわち「マッシュアップ」。「デコンストラクション(脱構築)」や「優美な死骸」などと呼ばれることもある。これはもともとは既存の印刷物や他人の作品などを切り刻んで貼り付けて、新しいイメージを作り出す手法だが、山下清などの色紙の「ちぎり絵」と決定的に違うのは、「マッシュアップ」は、個々の断片に元のイメージが残っていないと成り立たない、という点。そうでなければ、わざわざその断片を使う理由も無い。

したがってその断片のひとつにでも著作権が生きていれば、法的にはアウト。ところがここには「編集著作物」としての芸術的な独創性が例外的に成り立つこともある。それは、時代全体へ郷愁や批判のような、個々の断片のイメージの意味をずらすほどの、強烈な別のテーマを打ち立て、そこにまとめ上げることができた場合だ。

とはいえ、芸術作品の断片の力は、なかなかあなどれない。俗に「4小節までなら、パクっても著作権上、問題ない」などと言われているが、法的にも、芸術的にも、まったくのウソだ。ビートルズの『ハードデイズナイト』など、最初のギターのジャンだけで曲の最後まで思い浮かべることができるほどの、完全な独創性がある。「秋の日ヰ゛オロンのためいきの」とか、「山路を登りながら、こう考えた」とか、詩の一節、小説の一文だけで、その全部がイメージされる。芸術において、部分は全体を表す、のだ。

近年、「マッシュアップ」は、パソコンの発達で、自動的にできるようになってしまった。音楽の場合、曲の速度を指定するだけで、1拍単位でばらばらにして、他の曲の断片と合わせて1曲をでっち上げるなど、ボタン操作ひとつ。最近は、あまりにも簡単に「作れる」ために、演奏のできない連中、絵や文の書けない連中が、この領域に大量に流入してきている。彼らは、能なしのワナビ(なりたがり)で、こんな順列組み合わせの自動処理でできたジグソーパズルのようなものを、自分の作品だ、と言い張る。(学者の論文なんかも、ちかごろそんなのばっかだ。)

だが、死骸や廃屋の再利用ならともかく、作ったばかりのイキのいい自分の作品をかってに切り刻まれ、他人の作品と混ぜ合わせられ、その盗人野郎に、オレが作った、などと言われる方は、たまったものではない。シロウトの「マッシュアップ」は、結局、断片の魅力を、そのままてんこ盛りに使っているだけ。そのうえ、その鮮度まで盗むなんて、卑怯千万。くやしかったら、 pixivに溢れているあのキラキラした色合いを、すこしは自分で作ってみせろよ。たとえアニメキャラだって、相当の思い入れがなかったら、あそこまで繊細には画けんよ。

「現代アート」をカタって世間を騙そうとする連中のやっていることは、どこかで買ってきたありものを詰め合わせて、高級おせち、と言い張ったインチキ焼き鳥屋と同じ。そのうえ、それが盗品だらけだなんて、許せるわけがない。ヘボい理屈でごまかそうったって、お天道様は許さないぜ! 何が魅力か、見りゃわかる。それがアートだ。

テレビ・新聞は原発大誤報を自己検証をしろ!


三ヶ月たった。政府の方ではやるのに、テレビや新聞は、このままシラをきって逃げきる気か。いくら公式発表に従ったとはいえ、おまえらが垂れ流したのは、初日からまったくの大誤報だったじゃないか。放射能は直後からダダ漏れで、ドハデに大爆発は続くわ、五重のなんとかもぜんぶ底抜けにメルトダウンはするわ、鳴り物入りで駆けつけたフランスだの米国だの専門家チームも役に立たないわ、汚染水は結局、自分たちで海に捨てちゃうわ、ひとつたりとも報道どおりだったことが無いくらい、ひどい誤報だらけだ。

それもこれも、テレビや新聞が、ウラも取らず、疑いもせず、それどころか、喜々として政府と東電のケツ持ちをやったせいなのだから、そりゃもう報道機関として自殺行為だった。もうあんたらの話なんか、だれも信用していない。このままほとぼりが冷めるまで、おためごかしの被災者同情を振りまき続けていたとしても、ごましきれると思うなよ。

なぜノーチェックで、加害当事者である政府や東電の言い分を流したのか。人を包丁で突き刺した殺人犯が、ただちには死なない、などと言うのを、そのまま記事にするバカ記者がどこにいるよ。報道機関に専門知識が無かった、などという言いわけが通用するか。まともな専門家に聞きもしなかったじゃないか。それどころか、トンデモな連中に、トンデモな解説をさせ、混乱と誤解とウソを助長させただけ。あの日、あの時、誰が何を言ったか、司会者やコメンテーターを含め、私たちはけっして忘れてはいないぞ。

今回の大誤報、歪曲報道の背景として疑われている買収の問題はどうする。報道機関がカネで身を売っていたとなれば、放送免許停止こそが当然だ。まして、この重大事故の後でも、いまだに電気代だの、広告費だの、加害者側の電力会社のおこぼれにぶらさがっているなら、人間として頭がおかしい、としか言いようがあるまい。いったいどうやって、これから先に、公正、中立、客観の報道ができると思うのか。

誰の味方なのか、立場をはっきりしろよ。視聴者を集めているから、広告が売れるんで、視聴者がそっぽを向いたら、出稿するスポンサーも無くなるぞ。実際、ネット上の人々は、英語やドイツ語、中国語、その他の言語圏の情報ソースの方が依存度が高くなってしまっている。政府発表やマスコミの話より、シロウトが自分たちで勝手に測定したデータの方が信頼性が高くなってしまっている。この状況で今のテレビや新聞は、危機感を持たないのか。それなら、まさに東電と同じだな。かってにしろ。

もしまだ既成組織の腐敗に染まっていない若手のまともな報道人がいたなら、よく考えてみろ。どうして海外の報道人の中に、少なからず初日から状況を的確に把握できていた連中がいたのか。彼らがどういう情報源を使ったのか。いや、特別ななにかなど、ありはしない。大阪地検じゃないが、自分たち自身の眼の曇りほど、恐ろしいことはないぞ。すべての先入観を絶ち、きちんと自分自身の眼と耳を働かせ、冷静に自分自身の頭で考えればいいだけだ。爆風が水平に広がるか、垂直に登るか、の違いだけでも、爆発元の深さがわかる。細々とした情報をできるだけ多く集め、それらを、もう一度、組み直して、そのすべてが整合的になるところに真実はある。ひとつひとつは口から出まかせで人を煙に巻けても、全体まではウソはつじつまを合わせをできはしない。

報道の仕事の原点を思い出せ。悪人はウソをつくものだ。眼や耳は、見えないもの、聞こえないものを、存在もしないと思わせるものだ。そして、なにより、人間の心は権威には弱いものだ。だが、その弱さを乗り越え、真実に迫ってこそ、報道としての社会の使命じゃないのか。

いま、自分たちの報道組織の内部に腐敗があり、今回の大誤報をごまかしてやり過ごそうとするなら、まずその問題にこそ眼を向けるべきだ。そこから眼を背け、今回、報道をゆがめようと社内でうごめいた連中を自分たちで自浄できないなら、今後、だれひとり報道人として、生きて口を開く資格はない。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士 (大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン)  

エネルギー復興なんかいらねぇ


日本は資源が無い、だから原子力だ、は、サルを騙すウソ。ウランだって、結局、石油と同じ輸入品で、それこそ国際情勢に振り回され続けるだけじゃん。

足らねぇ、ってんだから、もーしょーがないじゃないか。しばらくしんどいかもしれないが、いまのうち、とっとと足らすように知恵を絞って工夫しときゃ、そのうちどうせ世界でも足りなくなるんだから、そうしたら日本が一気にトップに返り咲く。

古い人間なら、1973年の第一次オイルショックを思い出せ。エジプトとイスラエルの第四次中東戦争に端を発し、石油価格が4倍に跳ね上がった。あのとき、米国は、石油の安定供給にこだわり、中東に介入して、湾岸戦争から現在の独裁者問題まで、泥沼に財政赤字を拡大していく。一方、日本は、さっさと町中のネオンも消し、テレビも放送時間を大幅にカット。野球のナイトゲームも当然に中止。旧財閥グループに依存する古い重厚長大産業が没落し、ホンダのような独創的な会社が現れてくる。

で、79年にイラン革命で第二次オイルショック。米国は、あいかわらずの石油大量消費体質で自滅。とくにガソリン喰いのばかでかい米国製自動車は、国内外でまったく売れなくなる。だが、省エネに変貌していた日本は、この機に乗じて、小型車で世界を席巻。家電も含め、日本製は安くて長持ち、と評判になり、あれよあれよとナンバーわん。

電力が足らなきゃサルに戻っちまう、って、その発想こそ、まさにおサルさん。日本の弱電気の省エネったら、パねぇ技術だ。たとえば、60Wの電球の明るさが、いまやLEDでわずか9W。83年当時の業界標準パソコン9801F2+モニタで69W+70Wだったのが、驚異的に性能が向上した今のレッツノートSで39W。エアコンなんかも、この10年で消費電力が半減。インバータ無しの80年代からすれば、およそ1/4以下だろう。

なんでこんなにすごいことになったのか、というと、1999年の改正省エネ法で、トップランナー方式が導入されたから。前年度の業界のベストパフォーマンス商品を越えられないメーカーは、名前を公表して罰金を徴収する、という厳しいもの。恥をかいて罰金まで取られるくらいなら、開発競争にカネをかけ、政府から業界No.1のお墨付きもらった方がいい、とメーカーが考えるのは当然。「乾いた雑巾を絞る」と言われても、それをやってみせるのが、日本の技術者。ただでさえ電器メーカーは生産過剰なんだから、できなきゃ、顧客が離れ、会社が潰れてしまう。政官財学マ、べったり癒着のぬるまい独占ウラン湯に浸っていられるお偉いさんたちとはワケが違うんだよ。

3.11以前と同じだけの電気を寄こせ、などと吠えているのは、新しい状況に対応できないロートルの政治家や評論家だけだ。テレビで福島の様子を見たら、もうあの日より前には戻れないことくらい、誰だってわかっている。グチっている暇があったら、しゃあねぇ、やるか、と腰を上げ、黙って自分のすべきことに打ち込むのが、日本人気質というもの。

実際、この一ヶ月で、多くの人々、多くの企業は、とっとと生活防衛、電力対策に乗り出した。メーカーもこれに呼応して、発電機や蓄電池の大増産に入っている。多くの住民や会社が、地震や津波、停電にあまりに脆弱な高層ビルや湾岸埋立地を見捨て、新しい住宅や拠点の建設へと動き出している。この状況で、いまさらムリにムリを重ねて発電量を回復し、虚栄の東京を復古したりなんかするより、民間新規の健全な設備投資の方が、ずっと日本の景気回復、体力増強のためになるんじゃないんだろうか。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士 (大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン)  
ギャラリー