純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

奨学金は瀕死の大学と地方の延命策:学生はカモネギ奴隷?

/給付型奨学金は、少子化で瀕死の大学、瀕死の地方にカネをばらまいて延命するのが主目的。だが、結局、人を育てるのは人。格差対策、教育投資、地方活性化を本気で考えるなら、現金バラ撒きなどではない、ほんとうの意味での「奨学」ということを、大学も地方も考えていくべきではないのだろうか。/


 給付型奨学金、というと、いかにも格差対策、教育投資のように聞こえる。だが、ほんとうは、少子化で瀕死の大学、瀕死の地方にカネをばらまいて延命するのが主目的。


 奨学金は、学生に出しているように見えるが、実際は学費に直行する。つまり、大学に補助金を出しているのと同じ。日本私立学校振興・共催事業団の『私立大学・短期大学等入学志願動向』(2016年5月1日現在のデータ)によれば、私学の定員割れが257/577校、つまり、44.5%。


 もう少し細かくみると、入学定員区分で一学年800人未満の中小規模大学の定員充足率は94.3%、800人以上(総学生数3200人以上)の大規模大学は108.4%と、明確な規模格差ができてしまっている。(総学生数は、ほんとうは入学定員x4のほかに編入や留年などを含む。)そもそも志願倍率からして、800人未満が3.55倍、800人以上は9.42倍。これだって、推薦入試その他で相当にいじくって、この数字。実質的には、総学生数3000人程度に足らない大学は、かなりムリをして学生を掻き集めている。(もちろんなんでも合算相殺してしまう統計上の話なので、小規模円満経営のところも無いでは無いはずだが。)


 地域別だと、志願倍率では、京都10.34倍、大阪9.97倍、東京9.85倍の三府都が突出していて、これに愛知、千葉、兵庫、福岡が6倍以上で続いている。逆に、東北(宮城を除く)、甲信越、九州(福岡を除く)、四国は、2倍台で、極端に人気が無い。がさつな分析ながら、地方小規模大学は、かなり厳しい状況にあることが想像される。また、地域や規模はともかく、2年連続で定員充足し向上しているところが48校、逆に2年連続定員未充足で、さらに悪化しているところが68校。大学の人気格差は開いていっており、いずれこれらから潰れるところが出ることは避けられまい。


 もはや勝敗はついているのだから、淘汰が当然だ、と思うかもしれないが、そう簡単でもない。総務省統計局の推計人口だと、2014年/2005年で、東北(宮城を除く)-7.79%、甲信越-4.5%、九州(福岡を除く)-2.86%、四国-5.09%。2014年の年齢別で、15歳~24歳は、全国平均だと人口の9.60%はいるはずであるのに対し、東北(宮城を除く)8.84%、甲信越9.14%、九州(福岡を除く)9.40%、四国8.74%しかいない。つまり、これらの地方は、人口が減っているだけでなく、若年層の率も全国平均より少ない。だから、大学の状況が厳しいのだ、とも言えるが、大学でかろうじて地方の若年人口を支えている、とも言える。


 大学生は、ネギをしょってくるカモ。それどころか、安価な労働力。彼らへの仕送りが住居費や生活費、遊興費としてまるまる地元に落ちるだけでなく、彼ら自体が飲食店やスーパー、コンビニなどのバイトの主要供給源でもある。大学さえあれば、ろくにやる気もない荒れ果てた田んぼを潰し、そこにアパートを建てておくだけで、毎月、毎年、確実に家賃収入が入ってくる。おまけに、連中が大学に鎖で縛られている以上、遠くまでバイトに行くわけにもいかず、村ぐるみで連中を安く使えば、連中の生活が苦しければ苦しいほど、いくらでも連中から上前をはねることができる。


 もっとも、地方がこんな調子で学生をカモネギ奴隷としか扱わないから、よけい学生が寄りつかなくなる。築何十年なんていう地震で簡単に潰れてしまうボロアパートを表面だけリフォームしてごまかそうとしても、学生たちは、ムリをしても、もっとバイトにも遊びにも有利な自宅や町中からの遠距離通学を選ぶ。そもそも、そんな辺鄙な大学なんか選ばなくても、町中の大学がいまや自己推薦だのAO入試だのでフリーパスになりつつある。


 文科省の方針は、大学定員の厳格化。これまで、本来の施設規模、教育能力の3割増しも学生を詰め込んで運営してきたことがおかしい、というのは、たしかに当然だ。だが、人気のある都市部の大学を締め上げたところで、少子化による入学年齢人口の急減を前に、地方中小規模大学におこぼれ学生が回ることは無い。せめて人数の底上げを、ということで奨学金のバラ撒きなのだろうが、定員割れ大学の経営、地方らしからぬ大学周辺の法外に高い生活費と法外に安いバイト代では焼け石に水。

 
 大学にしても、地方にしても、本気で次世代を担う学生たちを育てる気があるのだろうか。営利以上の教育機関である以上、時代が変わってうちの規模ではもうムリだ、となれば、学生のためにはならない、と客観的に判断し、みずから早々に撤退と引継を英断するのがスジ。地方も、自分たちの村の教養の中心としての大学を守り、村の活性と将来を本気で考えるなら、地震で潰れるボロアパートなんかで法外な家賃を巻き上げたりせずに、どうせ農家は家もばかでかいのだから、それぞれの豪勢な自宅に学生たちを居候させて、自分の子と思って食費はもちろん多少の小遣いでもくれてやり、後生の社会に広く出世払いしてくれればいい、というくらいの懐の深い篤志家たちはいないのか。


 人を育てる、大学を育てるのは、森を育てるのと同じ。目先の利益で、すぐにカネを巻き上げることばかり考えていたのでは、未来ある有為の学生は居着かない。たとえ大学のためにやってきたとしても、地域がぞんざいに扱えば、こんなひでえところ、二度と来るもんか、と、卒業してすぐに出て行ってしまう。しかし、来てみたら、なかなかいいところじゃないか、と思えば、卒業後も住み着き、そこで仕事を始めて、地域を発展させる。都会だって、もとは大差ない田舎町の寄せ集めだった。だが、大学で学ぶために出てきた連中が、そこを気に入って卒業後も住み着いて、いまの姿になった。学生を育てることが、村を育て、町を育てることにもなる。寂れる地方は、はたして、その努力をこれまできちんとしてきたのだろうか。


 結局、人を育てるのは人。だから、人類の一万年の昔から学校というものがあって、先生がいて、学生がいる。教育は、カネでは解決できない。格差対策、教育投資、地方活性化を本気で考えるなら、現金バラ撒きなどではない、ほんとうの意味での「奨学」ということを、大学も地方も考えていくべきではないのだろうか。


(by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『死体は血を流さない:聖堂騎士団 vs 救院騎士団 サンタクロースの錬金術とスペードの女王に関する科学研究費B海外学術調査報告書』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

PR 純丘曜彰の新刊!『アマテラスの黄金:隣のおねえさんはローカルすっぱい!』

DeNAのWELQとコピペ中毒:情報の起こし方

/ふつうの人が、ふつうの生活で、世間に広く発信するほどの情報なんか持っているわけがない。まして無から情報を掘り起こすジャーナリスティックな能力などあるまい。だから、受け売りのコピペ、リツィートだらけになる。なのに、さらなるコピペネタを探して、ネットさまよう。だが、それは空っぽ人間の受け売り中毒だ。/


 昨日今日の問題ではない。昔から学生のレポートは、どこぞの本の抜き書きの寄せ集め。それを見抜けず、高点を与えてきたゆとり教員が、その悪行を助長してきた。おかげでいまやネットは、情報は受け売りのコピペ人間だらけ。そのうえ、現代に新しい情報なんか無い、とか、すべては模倣から始まる、とか、やつら、開き直りやがる。


 ようするに、連中は、自分で情報を起こす方法を習ったことが無いのだろう。小中学校の先生から大学の先生まで、どこかの本の受け売りだけで生きてきたみたいなのがいっぱいなのだから、仕方もあるまい。Wikipediaも、結局のところ、どこかの孫引きの寄せ集め。引用でも出典明記すればいいんだ、と言うが、いろいろな他人からの引用情報がすべてとなると、それはもう「引用」ではない。他人が苦労して起こした情報をかってにタダでばらまいているのだから、いくら文章を書き換えても、情報泥棒も同然。


 いや、どうせ元の本だって、どこかの本からコピペしているだけだろう、などと、泥棒は、他人まで泥棒呼ばわりして、自分を正当化する。そうではない。情報は、言葉以前のところから掘り出して、起こし立てるものだ。


 基本は四則演算。まず同種の情報を足す。一つ一つは、事実にすぎない。ところが、集めると、そこに情報ができる。たとえば、今日は晴れ、今日は晴れ、今日は雨、などなど。これを地道に集めると、今週は晴れが多かった、という一つのまとまった情報になる。


 二つめは、同種の情報を引く。ウチの商品は今週千個も売れた、というと、なんだか良い話のようだが、他社のそれは二千個も売れた、という情報を引くと、ウチの商品はむしろ売れ行きが悪い、という、まったく新しい情報が得られる。


 そして、別種の情報を掛ける。たとえば、天気の情報と売れ行きを掛ける。すると、晴れた週は、ウチの商品の売れ行きがいい、というような、これまたまったく新しい情報が得られる。また、別種の情報で割る手もある。売れ行きを時間軸で割ると、出だしは悪かったが、その後に急速に伸び、急速に落ちた、というようなことがわかる。


 この四則演算を重層的にやっていく。すると、梅雨が長引いて売れ行きは伸び悩んだが、ようやく夏の梅雨明けで売れ出したものの、他社の新製品が出てきて、これに敗退し、一気に売れなくなった、というような情報が得られる。そして、次には、では他社の新製品にどんな点で負けたのか、売れなかった理由を割って(分析して)いく。エクセルやアクセスなどのソフトは、ただ単純に足し算引き算をするためのものではなく、こういうデータ考察をするためのツール。マーケティングの連中は、こうして駆使する。


 ひとの言行や社会の現象から情報を起こす文系となると、あたかも一枚の紙を二枚、三枚に削ぐように、さらに作業は高度になる。人間は複雑で、素直ではない。たとえば、ママなんか大嫌いだ、と言っても、それは文字通りに、嫌いだ、ということを伝えているわけではない。おまけに、人間はウソをつく。事実をねじ曲げる。悪意が無くても、偏見などで都合良く無意識に誤解する。


 あっちの本にも、こっちの本にも、こう書いてある。だから、ほんとうだ、などということにはならない。新聞も各社のものを取ったって、真相がわかるわけではない。むしろ同じことが書かれているなら、資料源が同じ可能性の方が高く、情報の品位として貧弱。たとえば、みんなが、ヒラリーが勝つ、と言っているなら、かなりおかしい。二大政党制の基礎があるという情報と掛け合わせれば、一方の情報しか出てこないのは、取材源が極端に偏っている危険性を伺わせ、信憑性が薄い。それどころか、故意の世論操作の疑いさえある。


 こういうややこしい問題からの情報の引き出しについては、ヨーロッパで聖書の研究から《解釈学》という独自の学問が立てられ、詳細なテキストクリティーク(原典批判)の技術が確立している。言葉遣いや情報傾向を集積・分析し、わざわざ人に言う意図をウラ読みして、ほんとうのところを探っていく。たとえば、夜遅く帰った旦那が、いや今日は会社の後輩の相談事でまいったよ、など言っても、いつもは遅く帰ると疲れて無口なのに、という事実と重ね合わせるなら、その後輩ってどうせ若いかわいい子なんでしょ、というところが真相だろう。


 私は親しい、私は現場にいた、ぜったいにそんなことはない、ほかのひとにわかるわけがない、なんていうのは、もっとも当てにならない。ウソをつき、ズルをやるやつは、とにかく身近なやつにバレないように、ということに意識を集中している。だから、身近なやつほど、ころっと騙される。しかし、どのみちムリがあるために、ウラ側はツジツマが合わず、もうむちゃくちゃ。だから、傍目(おかめ)の方がよくわかる。奥さんの浮気を知らないのは旦那だけ、というように。


 ウソやズルで、すでにオモテ側からしてツジツマが合っていないなら、それはウソやズルにならない。むしろ妙にオモテ側のツジツマが合っているところこそ、そこにウソやズルが潜んでいる。もっともらしい領収書や議事録、設計図があるからこそ、そこにインチキが隠れうる。取材でウラ取りが基本とされるのも、ウソやズルは、オモテではなく、ウラにこそ証拠を残すからだ。


 正義だ、倫理だ、合理性だ、と声高に執念深く言い立てるのも、うさんくさい。それは、そういう建前言葉で飾り立てないとならないような、ドス黒いなにかが腹の中にあるから。嫉妬や鬱屈、劣等感、さらには病的気質。もっとうしろめたいことを自分に対してもごまかすため。こんなことを言われていよいよ顔を真っ赤にして激昂するなら、いよいよ図星。ひとは、ほんとうにつらいとき、怒ったときには、他人向けになど、どんな言葉も紡ぎ出せないものだ。


 1990年代、ネットはプロの研究者や専門家だけの互恵的な情報交換の場だった。それが爆発的に普及して、だれでもタメで世間に広く情報発信できるようになった。しかし、だれでも情報発信できるからといって、ふつうの人が、ふつうの生活で、世間に広く発信するほどの情報なんか持っているわけがない。まして無から情報を掘り起こすジャーナリスティックな能力などあるまい。だから、受け売りのコピペ、リツィートだらけになる。そのくせ、コピペやリツィートを大量にやっているだけで、なんとなく情報社会に「主体的」「積極的」に参加しているような気になる。それが中毒になって、受け売りネタを探して、ネットさまよう。だが、ウラ取りもせず、ただ垂れ流すのは、ノイズの拡散輻輳でしかない。


 最近では、ネコを連れて出陣する猫侍の絵がちょっとした話題になった。猫侍が戦国時代にいた、とか、『昌山記談集』の中にある「江古田兵庫、二つの山の連なりたる兜の耳の如く作りたる」等との記述と一致している、とか、バカが数万人もリツィートしまくった。だが、これは、ぜんぶウソ。サッカー侍とか、ガンダム侍とか、この手のネタは、この業界では十年も前からよく知られた現代アーティストでははやりの与太冗談。ちょっと調べれば、すぐにわかったはずなのに、その手間を省き、指先反射だけで、すぐリツィート。人より早くリツィートしたとしても、それはきみの情報じゃない。きみは、しょせん空っぽだ。


 まあ、グーグルでもウソとホントを区別できない。巷間に信じられている俗説の方が上位に来る。Wikipediaも、しょせんシロウトによる情報の孫引き寄集め。出典の信憑性を学術的に忖度するテキストクリティークの技法が欠けている。今回、企業サイトが全面汚染ということで大きな問題になったが、シロウトのブログやリツィートで拡散されるデマも、かなり救いがたい。瞬速の指先反射でコピペやリツィートを打ち込む前に、まず一呼吸置いて、もう一度、よく読んで、よく調べて、よく考えろよ。それでなにか疑念や発見があったなら、教えてくれ。みんなで考えよう。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『死体は血を流さない:聖堂騎士団 vs 救院騎士団 サンタクロースの錬金術とスペードの女王に関する科学研究費B海外学術調査報告書』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

バカの貧困

/自分自身の現実の生活の貧しい者ほど、他人のものごとを追い、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホにはまる。だから、貧乏人ほど、部屋の中はガラクタだらけ。おまけに、それらは、ギャンブル同様、一時的に内的昂奮を誘発する一種の麻薬で、中毒性があり、いよいよ生活を悪化させる。/


 麻薬がなぜいけないのか。なぜ世界の多くの国で禁止されているのか。体を壊すから? いや、一発で死ぬくらい強い麻薬なら、意外に問題にならないのかもしれない。むしろ死なずに中毒になって、精神が荒廃し、暴力的、経済的に親族や社会をも巻き込む事件を起こすからだろう。


 ギャンブルに法的な歯止めが必要だ、と考える人が多いのも、同じ理由だろう。ギャンブルは、薬ではないが、強い中毒性がある。外から薬を盛らなくても、その興奮で脳内のドーパミンが噴き出す。そして、それが常習化すると、脳内の構造がおかしくなって、精神が荒廃し、麻薬同様の生活破綻を生じ、周囲まで不幸にする。


 麻薬やギャンブルで幸せになる人がいるだろうか。いや、幸せなんて、主観的なものだから、他人がとやかくいうべき話ではない? しかし、そんな自己破壊的な者を親族に持っていたら、たまったものではあるまい。法的に一定の歯止めが必要だ、と考える方が、社会的な合意を得ている。


 日本は、資源が無い。そう昔から言われてきた。それで、戦前は侵略大国に、戦後は加工大国、高付加価値大国になった。そして、いま、文化大国を目指しているらしい。それで、あれもこれも、政府に、補助しろ、カネを出せ、と喧しい。だが、その文化と言われているものが、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホか。


 祭りも年に1回。あれも、麻薬やギャンブルと似た昂奮を伴う。たまにならいいが、常習化すれば、まともな生活が破綻する。ところが、いまやプロスポーツイベントは、年中、隙間がないほど。プロスポーツなんて、やればだれかが勝つのだから、かならずニュースになる。それで、あれはもともと新聞やテレビがネタ切れにならないように販売促進で始めたもの。政治なんかに関心をもって庶民が騒がないように、報道番組の半分も使って、国民を中毒にしている。アイドルも、夢を売る、と言えば聞こえがいいが、もてないブサたちが余計なことをしないように、夢だけを味合わせ、カネを巻き上げ、力を奪い、去勢する。


 マンガやアニメも似たようなもの。海外でも人気だ、などというが、それはウソ。基本的には、あくまで子供のもの、それも悪質と見なされている。というのも、あれらは単純記号化するまで徹底的に複雑な情報を削ぎ落し、その一方で、刺激的な色や音、暴力とエロの寸止め挑発で、ギャンブルやスポーツ、アイドル同様、内的な昂奮を誘発する。バカでもわかるし、バカでも楽しめる。薬ではないとはいえ、麻薬同様の中毒性がある。ましてスマホは、つねにサイコロを振っているのと同じ。開けばなにか、いい話が出てくる、かもしれない、と、開いては閉じ、開いては閉じ。


 貧乏人を見てみろ。収入も少なく、衣食住もまともにできていないくせに、家賃の高い町中に住みたがり、部屋の中はガラクタだらけ。これこそが、現代の典型的なバカ貧困層。自分自身の境遇がみじめであればあるほど、他人のものごとを追いかけ、身の回りはわけのわかないブランド品、スポーツファングッズ、アイドルグッズ、アニメグッズが溢れかえる。そして、生活費の中で突出した通信費。次から次へと新機種に乗り換える。ちょっと前まではパチンコだったが、そのカネと時間の消費がプロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホにシフトしただけ。生活経営能力が無く、稼いだ以上に支出してしまっている。


 貧乏人にも文化は必要だ。それはそうだ。しかし、文化はあくまで彩り。まともに自立した衣食住も成り立たないのに、その彩りで彩るべき衣食住を破綻させてしまうなら、元も子もあるまい。一刻を争うビジネスの現場にいるわけでもないのに、年がら年じゅうスマホをいじり、ツイッターやフェイスブックで自慢話ばかりしていて、仕事が留守では、生活が向上するわけがない。まして、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメなど、自分自身の現実の生活ではない。自分の生活もまともに成り立っていないやつが、人の「応援」など、おこがましいにもほどがある。


 いや、庶民はカネづるだ。余計なことに関心を持たず、意味もない粗製乱造のガラクタ(「プロールの餌」)を買い続け、稼いだカネをすべて費やしてくれればそれでいいのだ、ということか。しかし、麻薬中毒、ギャンブル中毒と同様、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホの中毒の連中は、自分では生活を作らないし、作れない。バイト程度の収入しかなく、すでにカネを吸い上げられて貯金も持たない。おそらく結婚もできないし、家も建てない。いまは生活保護だの、奨学金貸与だの、サラ金より見えにくい政府からのカネの注ぎ込みで、見せかけのまともな生活を維持しているが、経済バランスとしては、とっくに破綻しており、また、将来的にも改善の見込みは無い。


 アニメは文化だ、ゲームはコミュニケーションだ、などという屁理屈は聞き飽きた。大半は、パチンコと同じただの集金課金装置。だが、屁理屈連中は声が大きい。パチンコ同様、麻薬やギャンブルのようには、政府が規制に動くことは無いだろう。だが、まともな家庭では、これらのものの中毒性を直観し、黙って家から遠ざけ、子供にも接しさせまい。一方、貧困層では、生活向上の見込みが立たないという現実から逃避しようと、プロスポーツやアイドル、マンガやアニメ、スマホの目先の昂奮をやめられなくなり、ろくにまともに働きもせず、いよいよ自己破壊の道へ突き進む。それどころか、子供にまで、どうでもいいポケモンのインチキ名前を暗記させ、一銭の価値も無いカードやメダルを数限りなく買い集めさせ、いよいよバカを量産。その方が、当座、日本企業は儲かる。


 このバカたちにカネを湯水のごとく注ぎ込んで、むりやり回しているのが、文化大国とやらの日本経済。だが、虚構のソフトの大量生産だけでファンダメンタル(実体経済)の向上が無い以上、このキリギリス国家は、生活保護や奨学金貸与などへの大盤振る舞いは、いずれ限界に達する。そのとき、富裕層、というより、まともな中間残留層は、自業自得の自己責任、と言って、貧困層の援助を拒否するだろう。趣味だ、文化だ、生活のうるおいだ、などと屁理屈を言って、ろくな稼ぎもないくせにガラクタ集めの追っかけで散財しているだけの身の程知らずの穀潰しは、遠からず親族たちからさえも見捨てられるだろう。


 経済格差は、もう始まっている。ガラクタは麻薬だ。いくら買い集めても、それらは、自分の生活にはならない。だから、よけい永遠の渇きに取りつかれ、さらに買い求め続けるが、それは絵に描いただけの幻の水。けっして君の生活そのものを潤すことは無い。自分が貧困に墜落しないように、貧困から脱出できるように、ほんとうに自分がすべきことをよく考えてみよう。


追記:読解力の無いやつがステレオタイプにサブカル批判と勘違いしているが、源氏物語でも、ヘーゲルでも同じこと。文系オーバードクターなんて、そんなのだらけ。中毒のように限りなく他人のことばかりを追っかけているから、自分がどんどん貧しくなる。スポーツなら、自分で実際にやればいい。物語なら、自分が現実に生きればいい。カネが少ない者なら、なおさら自分自身のために使うべきだ。そうしないと、モノや情報が溢れていながら、自分自身の人生は空っぽ、という最悪の絶望、最低の貧困に陥る。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。)
ギャラリー