純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

新国立競技場のデザインは若者たちに選ばせよう

/競技場は、日本の、そして世界の若者たちが集い、人間の尊厳を歌い上げる聖地だ。その建設費は、実質的には国の借金となり、結局、若者たちが自分たちで払うことになる。使いもしない、カネも出さない年寄りたちは、その選定から手を引くべきだ。/

 選び直しだ。もともと応募作に規定違反があり、当然、評価から外すべきものを追認してしまったところからおかしくなった。フェアプレーこそが最高 の理念であるべき競技場のデザインコンペがフェアプレーの精神に反していたなど、言語道断。こんな不正を犯した審査員たちは、審査員としての資格が無い。 くわえて、こんな不正を犯すような審査員たちを審査員に選出した人々も、二度とこの件に関わるべきではない。違約金、という意味でなら、たとえその後にい くら審査員が追認したとしても、もともと規定違反の作品を応募してきて選定をここまで混乱させた、プロとしての良識に欠けるデザイナーの方に請求したいく らいだ。


 なんにしても、競技場は、遠からず死んでいくババアやジジイが名を残すための墓石や古墳じゃない。まして行政とゼネコンが利権を貪り合うお宝山でもな い。そこは、日本の、そして世界の若者たちが集い、持てる力の限りを発揮して、人間の尊厳を歌い上げる聖地だ。そこでは、努力のうちに見出される喜び、よ い手本となる教育的価値、社会的責任、普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重に基づいた生き方が創造されなければならない。年寄りたちが好き勝手に作ってし まって、その借金まで彼らに負わせる、などということがあっていいわけがない。


 あれだけ戦後の発展を重ねてきていながら、残念ながら、いまの日本は、いまの若者たちに、ポンと現ナマで、彼らの活躍と活動の場を作ってやることができ ない。実質的には、すべて借金で賄うことになる。つまり、回り回って、若者たちが自分たちで、その建設費を税金として払っていくことになる。正直なとこ ろ、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。せめて、彼らが払って作って使うものである以上、彼らに選ばしてやりたい。


 ポストモダンだ、挑戦的構造だ、建築学における国際的評価が、などという能書きは、もう結構。評価というのは、次の次の時代がするものだ。終わっていく 世代の意見などというものは、屁のつっかえにもならない。同時代に高く評価されるものなど、後世には、凡庸な亜流、ないし、奇抜なだけのやり過ぎの悪趣 味、と見なされるのが一般的だ。逆に、本当に時代を先取りしたものは、むしろ同時代では評価しきれない。


 審査員たちは、例のデザイン案を斬新だと思ったらしいが、私の世代ですら、あれは、レトロフューチャー、過ぎ去った未来、昭和人たちの妄想の21世紀、 という印象だった。あんな古くさいものを、いまさら本気で作るのか、と、驚いた。そもそも、日本に作るのに、まったく日本的じゃない。もちろんデザインを するのが外国人でもかまわないが、あれだけの巨大建造物に日本的な美しさがかけらも無いのであれば、そんなもの、日本のまん中に作ってほしくない。どこか 外国でやってくれ。


 いや、私も、もはや若者たちより先にこの世を去って行く側。それも、彼らにこの国の積もり積もった莫大な借金を負わせて。自分の意見を言うのは止めてお こう。競技場は、若者たちが使い、それも若者たちがその建設費を払う。使いもしない、カネも出さない年寄りたちは、その選定から手を引くべきだ。彼らに、 自分たちの未来、自分たちの聖地のデザインを選ばせるべきだ。たとえそれがどんなデザインのものであろうと、それが予算内で収まり、機能性で足りるもので あるのなら、我々は一切、よけいな口出しをせず、彼らの夢がそのまま実現できるように、サポートしてやる、というのが、筋ではないのか。



(大 阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲 学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

新国立競技場の正体は防災防衛施設?

/ひょっとすると、オリンピックより先に、東京を新宿から有明まで横断する国家的危機管理のための巨大地下道プロジェクトがあって、新国立競技場は、そのための残土排出拠点、主要人物の一時待避壕として、法外な予算規模に膨らんでいるのではないか。こんなむちゃくちゃな妄想陰謀論でも考えないと、どうにも辻褄が合わない。/

 人は自分より大きいものを見ることができない。あんなむちゃくちゃな計画を立てるなんてバカだ、と言いたくなるのはわかるが、バカと罵倒して済ま すには、あまりに話がおかしい。あの変な元首相一人が言っていることなら、それもありうるだろうが、日本の各省のトップクラスの官僚が雁首揃えて、そこま でほんとうにバカだろうか。


 いくらキール構造がうんぬん、資材高騰がうんぬんでも、他の大型建設工事と比較して、2520億円という予算規模は異様だ。オリンピックのため、というより、国家最期の命運を賭けた戦艦大和のよう。(ちなみに、最新鋭イージス艦あたご型でも1475億円。)


 もともと神宮外苑は青山練兵場と陸軍大学。東京都庁舎や代々木公園(旧代々木練兵場)・明治神宮(旧南豊嶋御料地)から、代々木の谷を挟んで新宿御苑、 慶応大学病院(旧陸軍輜重兵営、地下施設あり)、問題の神宮外苑、そして、赤坂御用地(東宮御所)、再び赤坂見見附の谷を挟んで、ニューオータニ・ガーデ ンコート、16年完成予定の東京ガーデンテラス、国会と首相官邸、内閣府、霞ヶ関官庁街、そして皇居が連なっている。また、東の晴海では、東京オリンピッ ク選手村が数千億円規模のプロジェクトとして予定されている。じつは、NHKも、オリンピック後に建て替えを予定しており、その予算規模は、新国立競技場 を上回る3400億円。それも、神宮前(明治神宮と神宮外苑の間)への移転を東京都と交渉中。さらに、オリンピックも終わった後に、皇居の東の銀座から、 選手村跡地を抜け、有明(東京ビックサイト・東京臨海防災公園)まで、2000億円でわずか5キロ弱の地下鉄新線が予定。


 東京23区の昼間人口は一千万人を越える。箱根や富士山が噴火したら、まして直下型地震、福一大爆発、無慈悲ミサイル直撃があったら、パニックは必至。 東京中央環状線内側の都心は、完全麻痺。大火災、火山灰や放射能では、ヘリすら飛べない。この極限状態でなお国家を維持し、組織対応を統制するために、主 要人物たちを結集し、都心から脱出させる危機管理が無い方がおかしい。つまり、もともとオリンピックなど、表向きの口実で、むしろ新宿や代々木から有明ま で、皇居や国会、首相官邸を通って、東京の地下を東西に横断する奇妙な大プロジェクトが以前から先にあり、そのために、その線上に、オリンピック関連を中 心に、ばらばらの超大型建設工事を並べた、というのが真相じゃないのだろうか。


 新宿・代々木から有明まで、わずか15キロ。青函トンネルが25年がかりで54キロ、5384億円。いやいや、当時とは物価が違う、と言うなかれ。むし ろその後の技術革新で、その気になりさえすれば、第二青函トンネルも、同じく5000億程度で出来そうだとのこと。つまり、あちこちの予算を少しずつつま み食いして予算を捻出したら、意外に簡単。ただし、そんなもので世界最大規模の大都市の大量の都民一般まで救えるわけでもなく、国民の理解を得ることは無 理。となると、こうして別の名目で大型建設工事をゴリ押しして、とにかく作ってしまえ、ということにもなるのかも。


 新国立競技場が、ほんとうにバカどもが考えた、ただの金喰い虫のボンクラ競技場にすぎないのかどうか、その真相は、それこそ秘密保護法の領域。ドン・キ ホーテ並みのスパイ映画かぶれの妄想陰謀論。しかし、いずれにせよ、災害だの、戦争だの、万が一の状況において、危機管理として、国家を存続させるため に、主要人物たちのみを結集脱出させる施設が必要かどうか。もし必要だとすれば、リスクに対する保険として、どれくらいの予算で、どれくらいの施設までな ら許容できるのか、そのことについては、もっとオープンに広く議論しておいてもいいのではないか。


(大阪芸術大学芸 術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア 文化論。著書に『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

日本に文系学部が必要か?

/大学の自律自治以前に、文系ポストは大手有力学会の世襲天下りシステムに外部支配されてしまっており、このために、似たり寄ったりの「駅弁大学」だらけとなり、新規研究と若手育成を阻害してしまっている。/

 日本に大学は782校(2014年度)。大小いろいろながら、全部で2374学部(2008年度)。法学・経済学系を除くいわゆる文系は、およそ 700学部。正体不明のキラキラ学部や、心理学・教育学・社会学系も除くと、狭義の文系(文学・人文学・文化学・語学)はおよそ300学部。教員数(助 教・助手を含む)は約2万3千名。これらが日本に必要か、という話。


 いろいろ弁明すべきところもあるが、内情からすれば、文系大学人も、あまりに強欲すぎた。たとえば、日本シェイクスピア協会512名、日本ゲーテ協会 350名、日本カント協会290名。文系300学部、平均教員総数77名(助教・助手を含む)の中に、かならず各1名以上のシェイクスピアとゲーテとカン トの専門研究者がいる計算。場末観光地「レストラン」のカレー・ラーメン・キツネうどんのようなもの。どこでも似たり寄ったりの「駅弁大学」と揶揄される ゆえん。


 いや、カレー・ラーメン・キツネうどんなみに、しぶしぶにしても、みなに受け入れられるものなら、それもいい。だが、二人親称にthouを使うような、 日本の室町時代のシェイクスピア古典英語に、いまどきそれほど需要があるわけがない。ゲーテやカントも同様。そもそも教員にしたって、まして学生にしたっ て、世界中に汗牛充棟の論文が溢れかえっているシェイクスピアやゲーテ、カントの研究なんか、いまさら取り組みようもない。せいぜい新刊洋書の論評をあち こちから寄せ集めて、論文を数ばかりでっち上げ、学生には昨今の英国映画なんか見せているだけ。


 なんでこんなにやる気のない専門分野の教員だらけになってしまっているか、というと、やる気があろうとなかろうと、とりあえず大手有力学会に入っていな いと、若手はもちろん定年教授まで、大学での正社員ポストが得られないからだ。文系では、旧帝大を頂点とする学会閥の世襲天下りのシステムががっちりとで きあがってしまっている。植民地の私立大学でシェイクスピア専門の老教授が亡くなると、そこに旧帝大から定年間際の教授が移り、旧帝大に地方駅弁大学の准 教授を呼び戻し、旧帝大の助手を講師として地方駅弁大学に送り込む。とにかく同一分野の研究者を増やして、日本中の各大学の文学部の中に自分たちが支配管 理しているポストの数を増やすことこそ、学会閥の勢力拡大の要諦。


 簡単に言うと、文系にだけ、タチの悪い昔のインターナショナル的(大学横断的)な労働組合の仕組みが残ってしまっている。大学ごとのガバナンスを強化し て特徴を出そうにも、だれも学長の言うことなんか聞きゃしない。学長にしたって、全国規模の学会閥と対立したら、文系人事が成り立たなくなってしまう。お まけに、こいつらが学内ポストの奪い合いで、相互に反対票を放り込み、教授会による「自治」まで麻痺させる。


 だったら、潰してしまえ、となるのも当然。じつは90年代から、駅弁セットが凝縮された「教養部」(一・二年生の一般教養を担当)を解体し、専門各学部 に左翼臭のある教員たちを分散異動したのだが、その残党が、名を変え、体を変え、若手を再結集して再肥大してしまってできているのが、いまの文系学部。先 述のような古色蒼然とした外の有力出身学会閥への、ばらばらの遠心力が強すぎて、再解体しないと、個々の大学の自律自治も危うい。


 とはいえ、どこぞのコピペ学位を濫発しているW大学のように、内部学閥の教員だらけになっても、上下関係に縛られて不正が隠匿され、ろくなことにならな いのもまた事実。また、ほっておくと、少子化時代の安直な学生集めで、マンガだのなんだの、どうでもいい、わけのわからない雑学サブカルチャー(シロウト のただの情報収集は研究ではない)まで大学に取り込んで、貴重な研究資源を喰い散らかさせてしまう。語学にしたって、シェイクスピアは論外ながら、直接高 次学習の機会は民間や留学を含めて大きく広がっており、もはや並の大学では、民業以下のただの「練習」で、「研究」の水準たりえまい。


  文系、洋才翻訳輸入ではなく、本来の意味でのヒューマニズム(人間性)研究としての人文学が大学で必要がないわけがない。だが、現状のまま、屁理屈のみ で世間を煙に巻き、旧態依然たる文系学部の仲間内だけの人事利権を守ろうとするのが正義たりえないことも、真理学究の大学人なら、だれもがみなわかってい るはずだ。自分たち自身で正していく気概がなければ、外から力で潰されるだけだぞ。広き門は滅びの道だ。



 昔と違って、いまや新幹線も高速道路もあるのだから、同分野の専門研究者は、各地方ごとに一人で十分だろう。必要に応じて同一教員が非常勤で掛け 持ちするなり、学生が他大学で互換単位を修得するなりすればいいだけのこと。各町ごとに駅弁教員をつねにフルセットで揃えておく必要などあるまい。日本の 国家的な学術戦略という意味で言えば、いかに多様な専門分野を世界水準でフルカバーしておくか、ということこそ重要であり、また、そのためにも、大学院段 階から、ある程度、将来の常勤ポストの目途の立つ、全国的な分野分配をvisibleに提示しておくことが求められるだろう。


 研究費よりなにより、職業としての研究者が成り立つためには、安定した地位と収入が保障された常勤ポストこそ、最大で最重要の研究資源。にもかかわらず、無駄な重複だらけ、喫緊の欠落だらけのポスト分配。個々の大学の自律自治は当然ながら、大 学を越える総合的調整機関こそが早急に必要だ。具体的な個々の教員の採用と昇格の人事権を、学部や学科に丸投げせず、理事会が直接に握ってチェックするこ と。大学とアカデミズムの自律自治を外部から蝕む学会閥を排除し、旧来分野を大学間融通で適正教員数に抑え、それによってむしろ新規の分野にポストを開 き、引き上げる先人のいない挑戦的な新分野の若手を各大学で分担して迎え育てる人事システムを作っていくこと。日本の大学が、そして、世界の大学が連携し て知に総合的に挑む大学の理想と理念を忘れれば、大学が大学たりえないことを、大学人として、もう一度、しっかりと思い出そう。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門 は哲学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』などがある。)

ギャラリー