/ゆでカエルやドジョウ鍋のように、日々徐々に悪化していくことに人間は感覚が麻痺してしまう。だが、いまの関東は、あまりにも災害に脆弱だ。進学や就職で東京に新たに行くのだけは止めておけ。/

 ゆでカエル、なんていう話がある。熱湯に入れようとすれば、どのカエルも必死で飛び出す。だが、水から徐々に湧かしていくと、ごきげんに泳ぎ回る。そのうちのぼせてくるが、ちょっと熱いかな、と思っても、騒いではみっともない、と我慢してしまう。そして、しずかにみごとにみんな煮える。ドジョウ鍋なんていうのもある。生きたドジョウを豆腐といっしょに鍋に入れ、火にかける。すると、ドジョウは鍋から逃げ出そうともせず、むしろとりあえず豆腐の中へと逃げ込むが、結局、最期は煮える。

 311から一年半、昨今、関東では地震など当たり前。みんな慣れっこで平気。多少、恐いと思っていても、この不景気には、とりあえずは明日の仕事、と、粛々、毎日を送る。が、仕事を守って、命を失っては、身もフタもあるまい。

 ユダヤ人差別はヨーロッパでは中世からあった。第一次大戦後の不景気で、ユダヤ人への悪口や皮肉が広まったが、それは陰でこそこそ。まれにユダヤ人の店にペンキでイタズラ書きをするやつがいても、警察が取り締まった。ヒットラーのような狂信的差別主義者が出てきても、大半の人が、あれはまれに見るバカだ、と思っていた。しかし、そのバカが群れをなして跋扈するようになると、イタズラ書きの抗議にも、警察は苦笑いでごまかすようになる。そして、世界恐慌とともにバカが増え続け、33年には、ヒットラーが本当に政権を取ってしまった。公務員などからユダヤ人が排除されたが、それでもまだ、あいつも一国の首相になった以上、相応の良識くらいはあるだろう、などと、多くのユダヤ人たちは楽観していた。

 しかし、38年の水晶の夜、ユダヤ人の店や家、シナゴーグが襲撃され、放火や虐殺が行われた。警察は、被害者のユダヤ人たちの方を捕まえた。こんなのは不当だ、などと言って、ユダヤ人たちは裁判に訴えたが、とりあえずということで収容所に送られた。それでも、だれもがまだ、いずれは無事に家に戻れると思っていた。その末路は、知ってのとおり。犠牲者は700万人とも言われる。しかし、『サウンド・オブ・ミュージック』などのように、ヒットラーが出てきてすぐに米国などへ脱出を始めたユダヤ人一家も、じつはかなりいた。なにもそんなに神経質にならなくても、と、笑って見送った方は、だれも生き残れなかった。

 いま、関東に4000万人、日本の人口の3分の1が集中している。これは、江戸時代の日本の総人口さえも越える。もともと江戸は、西からの防備だけのために、箱根の向こうの荒野に作られた。いまの東京も、スパゲティのように細い数本の輸送路だけで、かろうじて人工的に生命維持されているだけの危機的な街。たとえばいま富士山が噴火したら、東名、中央はもちろん、浅間直下の長野道、長いトンネルのある関越道も使えまい。羽田や成田、厚木や横田、調布、入間も無理だ。東京湾は、コンビナートが爆発炎上して、火の海。歩いて逃げようにも、周囲が山で、脱出路がどこにも無い。それ以前に、飲料水がその日のうちに尽きる。ダムや川も、酸性の降灰で取水不能。水道も寸断。逆に西日本が大災害にあっても同じこと。関東は西日本からの補給なしには一日も自活できない。

 いま東京にいる人々に、仕事を辞めて逃げ出せ、と言っても、だれもまともに聞き入れはしまい。彼らは、感覚が麻痺してしまっている。だが、西日本の人間が、来年から進学や就職で新たに東京に行こうなどと思うのは止めておけ。行ったら生きては帰れない。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士 (大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン)
 生活の哲学  http://sumioka.doorblog.jp
 ニュースの蜂 http://newsbee.doorblog.jp