純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

2015年02月

デマだと言い散らすテレビは共犯者

/たしかに、ネットは、デマやウソも多い。だが、ネット上では、だれかがかってにデマだ、ウソだと決めつけ、情報を押しつぶし、真実を闇に葬ることもできない。今回にしても、もしもネットで情報が出回らなかったなら、はたして本当に犯人は逮捕されたのだろうか。/

 ネットでデマが拡散されている、などと、ワイドショーが言い散らしてきた。そのうえ、コメンテーターたちまで、学校の対応が、うんぬんと、矛先を逸らした。だが、それらこそが、まったくのデマだった。

 今回の事件の場合、早い時点から、被害者に対する度を超した主犯の暴 行については、被害者やその友人たちが警察に話を入れていた。ところが、その後の警察の対応が不十分だったせいで、警察にチクリやがった、と逆恨みされ、 被害者の友人が半殺し。そして、その直後に、被害者が殺された。これは、ストーカー事件などでも、何度も見てきた悪化パターンだ。

  なぜ犯人の写真や実名がネット拡散されたのか。それは、警察やマスコミが、まったく信用できない、かえって危ない、だれかがもみ消そうとしている、と、被 害者の友人たち、学校や父母たちが、早い時点で気づいたからだ。警察任せ、マスコミ任せでは、ヘタをすると、自分たち、自分の子供たちまで事件に巻き込ま れてしまう、と、強い危機感を持ったからだ。

 これだけ状況証拠が揃っていながら、一週間も野放し。それは、たんに犯人が「少 年」だったからだけではあるまい。殺人事件に至る前の通報に対する対応の不始末についての警察内部の調査と調整が必要だったからだろう。先の通報におい て、すでに犯人の予想はついていたのだから、被害者の友人が半殺しにされた時点で、ただちに関連する連中をまとめてとりあえず緊急に手配、拘留しておけ ば、被害者まで殺されることは防げたはずだ。にもかかわらず、初動が遅れたのは、まさに警察自身にも後ろめたいところがあったからではないか。

  なぜ最初に、そして、その後も、警察の腰が引け続けたか、と言えば、すでにネットでは話に出ているように、この事件が、在日の問題と深く関与しているから だろう。警察からすれば、あのあたりは「日本」じゃない、連中の問題は連中の中でやってくれ、妙な人権派の弁護士や運動家とやりあうのは面倒だ、というの が、本音だったのではないか。

 おまけに、テレビだ。少年の「人権」を守る、かのような建前で、デマだ、ウソだ、と連呼したが、 なぜ、そんな余計なこと、邪悪なことに熱心だったのか。わからない、というのなら、それはそれで見識とも取れるが、真実の情報に対して、真実を知りなが ら、デマだ、ウソだ、というのは、あえて真実を歪曲隠蔽するもので、事実上の「共犯者」ではないか。ジャーナリズムの根幹に関わる職業倫理の欠如、と言わ なければならない。そして、そのような歪曲の背景に、テレビ業界、とくに報道部局の奥深くにまで入り込んでしまっている在日問題との絡みがあるなら、もは や救いがたい。

 かつて、報道は、立法・司法・行政に次ぐ「第四の権力」と呼ばれ、前三権を監視する民衆の味方だ、とされた。だ が、今日、社会的な影響だの人権だのを名目に、政府や組合、在日の広宣工作機関に成り下がってしまっている。もちろん、昔から、そのような欺瞞がなかった わけではないが、福島第一原発事故のときのウソ八百の「安全」報道以来、その歪曲のひどさは、目にあまる。

 たしかに、ネット は、デマやウソも多い。だが、ネット上では、だれかがかってにデマだ、ウソだと決めつけ、情報を押しつぶし、真実を闇に葬ることもできない。今回にして も、もしもネットで情報が出回らなかったなら、はたして本当に犯人は逮捕されたのだろうか。いまだに迷宮入りの事件の中には、警察やマスコミまでもが政治 的にグルになって、犯人を隠蔽した、海外へ逃亡させたものも少なくのではないか、と疑いたくなる。

 いずれにせよ、真実を報道する気がないなら、テレビは、黙っていろ。警察発表の受け売りだか、人権派弁護士の指導だか知らないが、デマだ、ウソだ、などと、ネットの情報に対して「上」から口を挟むのは、犯人を隠匿し、被害を拡大する「共犯者」だ。


(大 阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲 学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン  洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

「学業不振」は死の兆候

/いまどき単位が取れないのは、学校でなにかやらかしたから。教室外のなにかのトラブルに巻き込まれている危険性がある。きちんと問題を解決しないと、たとえ学校を辞めても、トラウマが本人の心を蝕み続け、社会生活、さらには人生さえも辞めることになる。/

 この時期、成績が出てくる。親にも送られるだろう。あまり芳しくないこともあるかもしれない。息子や娘に問い質せば、学校がつまらない、勉強に関心が持てない、進路変更したい、と言うだろう。だが、言葉の意味を真に受けるな。もっと問題は根深い。

  学校が期待はずれだった。退学するにも、そんな風に学校のせいにしておく方が世間体もいいだろう。だが、退学したとしても、本当の問題はなにも解決してい ない。大半の学生は、きちんと単位を取って、ふつうに卒業していく。その意味で、「学業不振」の学生の本当の問題は、本人にある。たとえ学校を辞めたとし ても、本人は本当の問題を引きずっている。未解決のままトラウマ(心傷)になっており、その後も本人を蝕んでいく。そして、学校だけでなく、社会生活か ら、さらには人生からも退却して、引き籠もりや自殺へ。

 昨今、文科省も、留年にはうるさい。だから、いまどき単位を出し渋る教 員などいない。講義も試験も、学生の水準に合わせている。だから、よほどのことがないと、単位を落とすなどということはない。つまり、単位が取れないとす れば、それは、どうにもこうにも学校が単位を出すわけにはいかないような、よほどのこと、を、学校でやらかした、ということだ。

  単位を落とす、もっとも多い理由は、出席不足だ。半期15回の2/3以上の出席が無いと、評点の対象にならない。診断書を何枚も持ってくる学生がいるが、 出席停止が義務づけられた法定伝染病でもないかぎり、そんなものがあっても、欠席は欠席。病気やケガ、事故には同情はするが、そもそも、そんな個人情報な ど、教員としては関わるわけにはいかないし、まして出席回数の改竄などするわけにはいかない。同様に、就職活動も、欠席は欠席。一般教養の単位もまともに 取れてないくせに、かってに「卒業見込」を名乗って企業訪問をしているやつは、自分の現実を見ておらず、たいてい卒業もできない。

  しかし、出席不足、というのも、じつは問題の根が相当に深い。慣れぬ一人暮らしのせいで、ただ昼夜のリズムが乱れている、というだけなら、まあいい。良く ない連中と良くないところに出入りしている、もしくは、心身の病気にかかっている可能性もある。学校ぼっち、というのも、ただ周囲と話が合わないのか、イ ジメや差別を受けているのか、それとも、鬱病や統合失調症で、人と関わり合う気力が失われているのか。

 突然にぷっつりと出席が 途絶えるのは、おうおうに人間関係の激烈なトラブル。恋愛沙汰で修羅場になったとか、サークルやアルバイト先の先輩後輩、ゼミ仲間とケンカになったとか、 さらには、騒いでいるのを注意した教員に逆ギレしてガンぐれ、呆れられて、捨て台詞を吐いて遁走した、とか。自分で謝りにいけばいいのだろうが、それが出 来ずに、学校生活そのものから逃げ出す。出会い系でチンピラの美人局(つつもたせ)に引っかかった、わけのわからない英語教材やオカルトの通販で、とんで もない借金をこさえた、なんていう話も聞いたことがある。実際、変な団体とか、ストーカーとか、ブラックバイトとか、ややこしいやつらは、ウブな学生を標 的に、学校のまわりにうろついており、本人のせいでなくても、こういうのにいったん目をつけられると、とても始末に悪い。

 ちゃ んと出席していたのに、単位がもらえなかった、など文句を言う学生の多くは、出席だけして、白紙答案を出した、とか、課題や行事をバっくれてスっぽかし た、とか。講義中、ずっと寝ていてた、ずっとスマホをいじりつづけていた、私語がうるさい、遅刻早退だらけ、等々。実際、どこの大学にも、鉛筆もノートも 持ってこない手ぶら学生が少なくないらしい。スマホにメモりますから、なんて屁理屈を言うが、もちろん、実際にそんなことはやってはいない。近年は講義ア ンケートなどで、他のまともな学生たちから苦情が寄せられることもあり、こういうことをやらかす学生には、やはり単位を出せない。世間知らずに自我が肥大 した反抗期の一種なのだろうが、18にもなって学校でやることでもあるまい。学校は、まあ、単位が取れないだけで済むが、こんなオレサマの屁理屈が世間で 通るわけがない。いずれどこかで、とんでもないヤツに、命に関わるほどの、とんでもない目に遭わされるだろう。

 学生は学校に預 けたのだから、学校が面倒を見てほしい、というのもわからないではないのだが、学校は24時間の保育所ではないし、大学生や専門学校生ともなれば18歳。 本人の方から相談に来てくれさえすれば、カウンセラーからなにから手厚くサポートもできる。だが、そうでないと、本人のプライバシーの領域でもあり、教室 外での個人的な問題には、むしろ学校が手を出すわけにもいくまい。学校ができるのは、せいぜい親(身元保証人)に学校での成績を送ることくらい。だが、そ こから、もっときちんと自分の息子や娘の本当の問題を読み取ってほしい。「学業不振」は、今の時代、学業不振ではない。もっとまずい、命に関わる問題がそ こに潜んでいる。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝 まで生テレビ!』ブレイン。専門 は哲学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソ ン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

電子出版原稿の最適解像度は?

/電子書籍リーダーの規格がバラバラで、マンガや図の原稿を作るのにも、解像度を決めるのが悩ましい。将来を考えれば、マンガ電子原稿と同じ7323x5197が理想的。入稿は、現行最高機種から2000x1414となり、あとは容量制限をクリアできるように、総ページ数とjpg圧縮率を調整する。/

 amazon社のkindleなどは、読み上げ機能を付けて文字だけの電子出版を主軸にしたいようだが、現実はマンガが圧倒的だ。ようするに、画 像が固定でページに割り付けられているだけ。文字原稿でも、中に図を入れるとなると、マンガと同様に解像度が問題になる。では、どれくらいの解像度にした らいいのか。

 パソコンでは、従来VGAの680x480からUXGAの1600x1200までアスペクト(画角)4:3 (1.33)で拡大してきたのに、その次の段階で、ハイビジョン映像の国際規格化とともに横長の1980x1080、16:9 (1.78) 切り替わり、最近はこのサイズのものが大量に作られている。しかし、これはビジネス、とくにワープロでは使いにくい。このため、新アスペクトの旗振り役 だったMicrosoft社みずからが、surface pro 3では2160x1440、3:2 (1.5)までアスペクトを落としてきた。一方、Apple社は、ipad air 2は2048x1536、つまり昔ながらの4:3 (1.33)だが、macbook air 13は1440x900、16:10 (1.6)。電子書籍のAmazon社のkindleも、Fire HDX 8.9が2560x1600、16:10 (1.6)。

 もともと紙は、A4で297x210mm、10:7 (1.41)。それも縦使いの方が一般的。マンガの場合、週刊誌がB5で257x182mm (1.41)、その原稿は、141%倍のB4に、仕上がり310x220mm (1.41)で描くことになっている。ただし、単行本はB40、つまり新書判で、約113x177mm 4:3 (1.33)。週刊誌と違ってノド(とじしろ)にムダがないので、そこでアスペクトの違いを吸収している。で、マンガの電子原稿はどうしているか、という と、comic studio の場合、310x220mmに600dpi、したがって7323x5197ということになる。グレー・スケールとはいえ、3806万画素! EOS-1D Xで1810画素だから、その倍以上。もっとも、マンガの場合、その原稿サイズは、手書きのものを70%以下に縮小する前提で最初から141%倍に拡大さ れているのだから、その大きさに600dpiというのは、あきらかに過剰。B5の週刊誌サイズ用に600dpiのままで電子入稿するなら、 6071x4299もあれば十分なはず。

 さて、電子書籍リーダーは、今後、高解像度に向かうのはまちがいない。しかし、アスペクトがどれ くらいの比率で落ち着くのか。まず解像度については、紙の印刷以上になることはないし、なる理由もあるまい。その意味で、600dpiが基準になる。ま た、電子書籍リーダーの大きさも、いかに軽量化しても、手に持ったときの人間の視野角からして、日本の週刊誌サイズB5の見開き、つまりB4以上になるこ とはあるまい。くわえて、単ページでも、見開きでも使える、ということを考えるなら、アスペクトは10:7 (1.41)になる。このアスペクトは、じつは、本当はルート2。これは「白銀比」と呼ばれ、どこまで半分にしても、まったく同じ形(アスペクト)を保 つ。電子書籍リーダーの1画面に多ページを表示するなら、結局は紙と同じ、この白銀比にならざるをえない。

 以上から、今後の電子出版を見据えてマンガや図などを作るなら、その解像度は、B4に600dpiで、マンガ電子原稿と同じ7323x5197が理想的、ということになる。これならば、今後、電子書籍リーダーの解像度が上がっても、確実に対応できるだろう。

  もっとも現在の電子出版では、ページごとに3806万画素などというのは、通信負荷、保存負担が大きすぎる。現行最高解像度の機種にアスペクト1.41の 原稿を表示するならば、surface pro 3: 2030x1440、ipad air 2: 2048x1452、Fire HDX 8.9: 2256x1600となる。これらを見ると、元原稿は7323x5197で作っておくにしても、とりあえずの入稿原稿は2000x1414(283万画 素)というのが美しく、過不足もあるまい。あとは、総ページ数とjpg圧縮率で、入稿データ容量制限をクリアできるかどうかの問題だろう。


(大 阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲 学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン  洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)


プレゼンは高橋メソッドで!

/高橋メソッドとは、スクリーンを白黒デカ文字のティーザー看板にしか使わない、やけっぱちの安直プレゼン手法。しかし、それは、昨今のパワポ依存、やっただけプレゼンに対するアンチテーゼだ。/

 来年度の講義は、高橋メソッドでやろうか、などと考えている。「高橋メソッド」と言うと、油彩工芸品制作でも有名なのがあるのだが、それじゃな い。プレゼンの手法。これ、「メソッド」なんて言っているが、冗談半分のやけっぱちだ。それが何かを知りたければ、アンサイクロペディアの当該記事、ない し、本人の案内を見てみるといい。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8...
http://www.rubycolor.org/takahashi/takahashi/img0....

  もともとパワポが無くて、高橋氏が、急遽、HTMLでがさつなプレゼン資料を安直にでっちあげた、ところが、やってみたら意外に評判がよかった、という、 しろもの。さらに元をたどれば、映画館のトレーラー(予告編)なんかも、昔からみんなこれ。「特報!」「あの感動がついに!」「衝撃の真実がいま!」「世 界騒然の話題作!」「映画史上最高の金字塔!」。テレビのフリップなども、安く簡単に作れるようになって以来、ワイドショーなどで、引っぱがし付きのもの が濫用される傾向にある。

 ようするに、どでかいプレゼン画面をただの看板として使う。それも、プレゼンターが主役だから、絵な ど論外。あくまで文字だけ。このスタイルのプレゼン資料に、たいした中身など無い、いや、あってはならないのだ。ティーザー(引っ張り)連打! スローガン炸裂! ときに一発ウケのネタ! 観客が話に喰いつきゃそれでいい。

 これは、最近のプレゼンに対する大きなアンチ テーゼだろう。私も、ロータス社「フリーランス」という先駆的プレゼンソフトの時代から、いまだ近年のようなプロジェクターの設置されていない教室で、 ノートパソコンの画面をOHPで取り込んで講義に使い、工夫を重ねてきた。ところが、MSofficeが出回って以来、サルでも、カニでも、やたらパワポ を使いたがる。それも、ワープロで作ったプレゼン原稿、数百文字をそのまま白黒1画面に出して、全文読み上げたりするバカがいる。かと思えば、わけのわか らない矢印だらけの自己満足の図解。話はどこからどこへ行っているやら。とはいえ、誰も聞いちゃいない。

 とくに日本ではそう だ。プレゼンは発表儀式。登壇した、ということだけが重要で、観客が理解したかどうか、それどころか、話を聞いたかどうかすら、プレゼンターに関心がな い。まあ、プレゼンをするようなのは、コンペでもなければ、たいていちょっと偉い人。どんなにひどいプレゼンでも、観客も文句を言わない、退席もしない。 それで、やつらは図に乗って、そんなひどいプレゼンがどんどん蔓延。

 いや、批判じゃない。自戒だ。いまはパワポやプロジェク ターの性能が上がり、スクリーン上に相当量の情報を表示できてしまう。だが、情報量が多いプレゼンが良いわけではない。要点がしっかり観客に伝わるかどう か、実際に観客をモーティヴェイトできるかどうか、が重要。それも、わざわざライヴでやる以上、プレゼンターの話こそが主役。プレゼン画面がそのプレゼン ターの話を聞く、聞こうとするためのサポートとして観客に役立っているのかどうか。

 高橋メソッド専用のプレゼンソフトまで作ら れているが、それもまた冗談みたいなもの。もともとがHTMLだけでやっていたものなのだから、ノートパッドとブラウザだけでも簡単に作れる。パワポな ら、マスターをデカ文字にして、アウトラインに細切れ改行の文章を流し込むだけで適当に文字サイズ調整もしてくれる。なんなら、超極太明朝にアニメもつ け、ドンドンっ!というサウンドとともにズームアップで出てくるようにマスターを設定すれば、それはもう完璧。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

ギャラリー