純丘曜彰教授博士: ニュースの蜂

『朝まで生テレビ!』の元ブレインが、硬派ジャーナリズムの精神に基づき、
浮き世の暇つぶし、憂ばらし、肝だめしに、大手の新聞やテレビがひよって
伝えないネタを、勝手取材、執着調査、偏屈考察で突き刺しまくります。 

2015年06月

日本に文系学部が必要か?

/大学の自律自治以前に、文系ポストは大手有力学会の世襲天下りシステムに外部支配されてしまっており、このために、似たり寄ったりの「駅弁大学」だらけとなり、新規研究と若手育成を阻害してしまっている。/

 日本に大学は782校(2014年度)。大小いろいろながら、全部で2374学部(2008年度)。法学・経済学系を除くいわゆる文系は、およそ 700学部。正体不明のキラキラ学部や、心理学・教育学・社会学系も除くと、狭義の文系(文学・人文学・文化学・語学)はおよそ300学部。教員数(助 教・助手を含む)は約2万3千名。これらが日本に必要か、という話。


 いろいろ弁明すべきところもあるが、内情からすれば、文系大学人も、あまりに強欲すぎた。たとえば、日本シェイクスピア協会512名、日本ゲーテ協会 350名、日本カント協会290名。文系300学部、平均教員総数77名(助教・助手を含む)の中に、かならず各1名以上のシェイクスピアとゲーテとカン トの専門研究者がいる計算。場末観光地「レストラン」のカレー・ラーメン・キツネうどんのようなもの。どこでも似たり寄ったりの「駅弁大学」と揶揄される ゆえん。


 いや、カレー・ラーメン・キツネうどんなみに、しぶしぶにしても、みなに受け入れられるものなら、それもいい。だが、二人親称にthouを使うような、 日本の室町時代のシェイクスピア古典英語に、いまどきそれほど需要があるわけがない。ゲーテやカントも同様。そもそも教員にしたって、まして学生にしたっ て、世界中に汗牛充棟の論文が溢れかえっているシェイクスピアやゲーテ、カントの研究なんか、いまさら取り組みようもない。せいぜい新刊洋書の論評をあち こちから寄せ集めて、論文を数ばかりでっち上げ、学生には昨今の英国映画なんか見せているだけ。


 なんでこんなにやる気のない専門分野の教員だらけになってしまっているか、というと、やる気があろうとなかろうと、とりあえず大手有力学会に入っていな いと、若手はもちろん定年教授まで、大学での正社員ポストが得られないからだ。文系では、旧帝大を頂点とする学会閥の世襲天下りのシステムががっちりとで きあがってしまっている。植民地の私立大学でシェイクスピア専門の老教授が亡くなると、そこに旧帝大から定年間際の教授が移り、旧帝大に地方駅弁大学の准 教授を呼び戻し、旧帝大の助手を講師として地方駅弁大学に送り込む。とにかく同一分野の研究者を増やして、日本中の各大学の文学部の中に自分たちが支配管 理しているポストの数を増やすことこそ、学会閥の勢力拡大の要諦。


 簡単に言うと、文系にだけ、タチの悪い昔のインターナショナル的(大学横断的)な労働組合の仕組みが残ってしまっている。大学ごとのガバナンスを強化し て特徴を出そうにも、だれも学長の言うことなんか聞きゃしない。学長にしたって、全国規模の学会閥と対立したら、文系人事が成り立たなくなってしまう。お まけに、こいつらが学内ポストの奪い合いで、相互に反対票を放り込み、教授会による「自治」まで麻痺させる。


 だったら、潰してしまえ、となるのも当然。じつは90年代から、駅弁セットが凝縮された「教養部」(一・二年生の一般教養を担当)を解体し、専門各学部 に左翼臭のある教員たちを分散異動したのだが、その残党が、名を変え、体を変え、若手を再結集して再肥大してしまってできているのが、いまの文系学部。先 述のような古色蒼然とした外の有力出身学会閥への、ばらばらの遠心力が強すぎて、再解体しないと、個々の大学の自律自治も危うい。


 とはいえ、どこぞのコピペ学位を濫発しているW大学のように、内部学閥の教員だらけになっても、上下関係に縛られて不正が隠匿され、ろくなことにならな いのもまた事実。また、ほっておくと、少子化時代の安直な学生集めで、マンガだのなんだの、どうでもいい、わけのわからない雑学サブカルチャー(シロウト のただの情報収集は研究ではない)まで大学に取り込んで、貴重な研究資源を喰い散らかさせてしまう。語学にしたって、シェイクスピアは論外ながら、直接高 次学習の機会は民間や留学を含めて大きく広がっており、もはや並の大学では、民業以下のただの「練習」で、「研究」の水準たりえまい。


  文系、洋才翻訳輸入ではなく、本来の意味でのヒューマニズム(人間性)研究としての人文学が大学で必要がないわけがない。だが、現状のまま、屁理屈のみ で世間を煙に巻き、旧態依然たる文系学部の仲間内だけの人事利権を守ろうとするのが正義たりえないことも、真理学究の大学人なら、だれもがみなわかってい るはずだ。自分たち自身で正していく気概がなければ、外から力で潰されるだけだぞ。広き門は滅びの道だ。



 昔と違って、いまや新幹線も高速道路もあるのだから、同分野の専門研究者は、各地方ごとに一人で十分だろう。必要に応じて同一教員が非常勤で掛け 持ちするなり、学生が他大学で互換単位を修得するなりすればいいだけのこと。各町ごとに駅弁教員をつねにフルセットで揃えておく必要などあるまい。日本の 国家的な学術戦略という意味で言えば、いかに多様な専門分野を世界水準でフルカバーしておくか、ということこそ重要であり、また、そのためにも、大学院段 階から、ある程度、将来の常勤ポストの目途の立つ、全国的な分野分配をvisibleに提示しておくことが求められるだろう。


 研究費よりなにより、職業としての研究者が成り立つためには、安定した地位と収入が保障された常勤ポストこそ、最大で最重要の研究資源。にもかかわらず、無駄な重複だらけ、喫緊の欠落だらけのポスト分配。個々の大学の自律自治は当然ながら、大 学を越える総合的調整機関こそが早急に必要だ。具体的な個々の教員の採用と昇格の人事権を、学部や学科に丸投げせず、理事会が直接に握ってチェックするこ と。大学とアカデミズムの自律自治を外部から蝕む学会閥を排除し、旧来分野を大学間融通で適正教員数に抑え、それによってむしろ新規の分野にポストを開 き、引き上げる先人のいない挑戦的な新分野の若手を各大学で分担して迎え育てる人事システムを作っていくこと。日本の大学が、そして、世界の大学が連携し て知に総合的に挑む大学の理想と理念を忘れれば、大学が大学たりえないことを、大学人として、もう一度、しっかりと思い出そう。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門 は哲学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステリ』などがある。)

米国のキラキラネーム連中

/米国の下層に拡大する「ホワイト・トラッシュ(白人のクズ)」は、学歴とは無縁、教養も作法も無く、上昇志向も持たない。にもかかわらず、近年、商売や芸能で少なからぬ成功者を出している。このため、夢と努力を信条とする従来の勤め人の中産階級は、これを大きな脅威と感じて強く揶揄する。/

 マンディ、マリリン、ブリトニー、ティファニー、キャンディス、ブランディ、ヘザー、チャニング、ブリアナ、アンバー、サブリナ、メロディー、ダ コタ、シエラ、ヴァンディ、クリスタル、サマンサ、オータム、ルビー、テイラー、タラ、タミー、ローラ、シェリー、シャンテッレ、コートニー、ミスティ、 ジェニー、クリスタ、ミンディ、ノエル、シェルビー、トリナ、レバ、カッサンドラ、ニッキ-、ケルシー、シャウナ、ジョリーン、アーリー、コーディア、サ ヴァンナ、キャッシー、ドリー、ケンドラ、キャリー、クロエ、デヴォン、エミルー、ベッキー、ブランディーリン、ヘーザーリン、タミーリン、、、


 これ、映画の『TED』(2012)の中でからかわれている「ホワイト・トラッシュ」の女の子名前。向こうのいわゆるキラキラネーム。なんとかナ、なん とかニー、なんとかリー、なんとかリン、なんとかル、などのように、本来の伝統的語源型を無視して、でたらめに愛称まがいの妙な語尾を付けたがる。下層馬 鹿ファミリーの象徴。しかし、昨今の米国のカントリーやポップスの女性歌手の芸名は、こんなのばっか。この映画の主演のマーク・ウォールバーグ本人もま た、素はまさにホワイト・トラッシュ。


 「ホワイト・トラッシュ」、白人のクズ。この十数年来、映画の中でもよく見かける。辞書だと、白人の貧困下層、となっているが、ブリトニー・スピアーズ がその典型とされるように、かならずしも貧しいわけではない。むしろしばしば自営業などを成功させ、経済的には勤め人の中産階級を追い抜いてしまい、それ でよけい社会的に揶揄対象となる。


 日本では博報堂が「マイルド・ヤンキー」などと言って、さも自分たちが発見したかのように偉そうに言いふらしているが、ヤンキーと名付けていることから もわかるように、これは、米国に先行して登場してきた新種の社会階層で、日本との産業競争に敗れた90年代から各地に蔓延してきた。古い「ホワイト・ト ラッシュ」の名を引き継いでいるが、それまでの悲壮感のある黒人奴隷並の白人貧困下層とは大きく違う。


 彼らの特徴は、異様な色に染め、襟足だけバカみたいに伸ばしたマレット(女性はさらに長い「フェマル」)という髪型。首の日焼け除けのつもりらしい。ま ともな部屋さえ借りられず、ミニマムな中古トレーラーハウスで野っぱらに住み、太ってサイズの合わなくなったキャラクターもののTシャツ数枚をぱっつんぱ つんのまま着回し、ヘタクソでチッポケなタトゥーを入れ、すぐに裸になりたがり、ハンバーガーとホットドッグ、ピザ、ジャンクフードのような炭水化物が主 食で、タバコを吸いながら、それらをハイカロリーのビールとコーラで噛まずに胃に流し込む。学歴とは無縁で、教養も作法も無く、そもそもおよそ社会的上昇 志向のかけらも無く、日がな三流のアニメとドラマ、スポーツ、ゾンビ映画をテレビで見て過ごし、通販と週末のショッピングモールだけが人生の楽しみ。


 かならずしも悪い連中じゃない。浮気や離婚、家庭内暴力は日常茶飯事ながら、そのわりに家族仲は良く、近所つきあいも頻繁で、ぜいたくもせず、見栄も張 らず、政治や宗教にも関わらず、ただ土田舎で日々の生活を謳歌している。それでしばしばイカモノくさい商売や芸能で、すばらしい成功を遂げるやつも出てく る。ただ、連中のライフスタイルは、夢と希望、努力と自制を信条として、まともな組織内における地道な上昇志向に凝り固まった社畜的レスペクタビリティ (きちんとしていること)第一の、従来の中産階級モラリティを根本から否定する。


 ホワイト・トラッシュは社会貢献もしないし、できもしない。むしろ不健康で無教養で、悪気は無いにしても、いろいろめんどうな寄生的存在。中世の農奴な んて、こういう連中だったのではないか、と思わせる回帰退化っぷり。おまけに現代では、人権重視の法律と制度によって、連中はすべての面においてしっかり と守られている。むしろこの状況に進化適応した結果として、ああなったのか。自分自身であくせく勉強し、努力し、昇進しなければならない、と思っている 人々の方が、もはや時代遅れなのかもしれない。


(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大 学)、美術博士(東京藝術大 学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。著書に『夢見る幽霊:オバカオバケたちのドタバタ本格密室ミステ リ』『悪魔は涙を流さない:カトリックマフィアvsフリーメイソン 洗礼者聖ヨハネの知恵とナポレオンの財宝を組み込んだパーマネントトラヴェラーファンド「英雄」運用報告書』などがある。)

ギャラリー