/指原の姓は、江戸時代始めまでの指腹の慣例に基づくものではないか。それは、自分の腹を割いて潔白を示し、相手にも切腹を迫るもの。実際、大分府内藩第二代竹内重義は、妖刀村正に魅せられ、キリシタン惨殺とアジア密貿易に狂った猟奇的暴君だった。/


  最近、よく見かける名前だが、最初はなんと読むのかわからなかった。だが、読み方がわかって、とても驚いた。時代小説などを知る人なら、気づいた人も多い だろう。広く九州では「原」は、あえて「はる」と読む。「はら」とは読まない。おそらく「はら」が「腹」を連想させる忌み言葉だから。それをわざわざ「は ら」と読むとなると、もともとはまさに「腹」だったのだろう。そして、「腹」とは、切腹のことににほかならない。

 指腹(さしはら)とは、特定の相手を名指して切腹すること。江戸時代の始めくらいまでは、かなり広く、武家はもちろん庶民まで、慣習として行われていた らしい。起源については、想像の域を出ない。そもそも切腹そのものが、古代の神明裁判の「盟神探湯(くがたち、熱湯に手を入れて火傷しなければ潔白)」の ころからの、赤心(偽りなき心底)を示す最終方法だったらしい。それは、たんなる自刃(自殺)ではなく、また、みずからの罪をみずから処断する自決として の切腹とも違う。たとえば、追い腹のように、二君に見(まみ)えず、主君(衆道の愛兄)と生死を共にする、とか、さらには、男女の心中なども、おうおうに 一種の指腹だろう。


 江戸時代においては、喧嘩両成敗の司法の大原則がこれを後押しした。だれかに理不尽な処遇を受けたとしても、それに直情的に激昂して刀を抜けば、それだ けで本人はもちろん家まで潰されてしまう。そこで、怒りの相手を名指しし、第三者の見届け人の前で切腹する。腹を割いて、赤心を示し、自分にはまったく非 が無いことを証明する。この後、見届け人はすぐにその血刀を、名指しされた相手に届ける。こうなると、相手の一族は、その当人の言いわけがどうあれ、ただ ちに無理やりにでも切腹させて、命を懸けて、こちらにも非が無かったことを証明しないといけない。もしもこの場に及んで、へたに一族が当人をかばったりし ようものなら、それこそまさに非がある証拠とされ、藩なり、幕府なりが、代わって一族もろとも、まとめて成敗することになる。これが指腹の慣例。


 とにかく、ほっておけば、周辺の親族友人の助太刀でガヤガヤと人数が膨れあがり、そのうえ、一族だの、藩だののメンツを懸けて、互いに無限拡大の敵討ち に陥るのが、武士の世界。ただでさえ幕府は、過剰な藩のお取りつぶしのための口実の粗探しに、密偵をそこら中に放って、世情のウワサを探っているのだか ら、どうでもいいような個人間の感情的なトラブルに関しては、当人たちを二人ともさっさと始末して、痛み分けで、最初からすべて何も無かったことにした い、というのが、双方の親族や藩の意向。


 さて、大分の指原姓だが、指腹の慣例と関係があるのかどうか。だが、大分の旧府内藩の中に見られる姓ということで言えば、この藩にはあまりにきな臭い過 去がある。第二代藩主竹内重義は、裏に手を回し、強引に長崎奉行の地位に就くと、地元有力者たちを隠れキリシタンの嫌疑で次々と捕縛しては雲仙火山の熱湯 地獄に生きながら放り込んで惨殺する一方、特許の朱印を偽造したアジアとの密貿易で巨利をむさぼっていた。あまりの横暴に、堺の商人や長崎の町民たちが幕 府に直訴。もはやこのままでは藩のお取り潰しも免れえまい、と、このとき、藩主を諫め、自決を迫るべく、指腹に出た忠君の家臣たちも少なからずいたのだろ うか。いずれにせよ、これらの命懸けの訴えよって府内藩主の悪行の数々が世の明るみに。とくにまずかったのが、神君家康公が廃棄を命じた妖刀村正のコレク ション。この猟奇藩主は、二四本も隠し持っていた。かくして、重義は切腹、お家は断絶。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士 (大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。

オフィシャルサイト http://www.hi-ho.ne.jp/sumioka-info/
生活の哲学  http://sumioka.doorblog.jp
ニュースの蜂 http://newsbee.doorblog.jp